事務所のレイアウトは事例とソフトで豊富な経験で選ぶ

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所のレイアウトは事例とソフトで豊富な経験で選ぶ

事務所のレイアウトは事例とソフトで豊富な経験で選ぶ

インターネットがビジネスに欠かせないツールになったとはいえ、いつでもどこでも仕事ができる環境は限られています。個人情報を扱う仕事の場合は不特定多数の人が行き交うカフェなどで業務行うことができないため、法人として起業すると事務所などを借りる必要があります。最初の事務所はマンションやアパートの1室ということもありますが、机や業務に必要なパソコンなどをレイアウトする必要があります。

事業が軌道に乗ると、取引先との打ち合わせの必要性なども出てくるようになり、会議室の確保が必要になります。大都市圏では貸し会議室が豊富にありますが、毎日予約を入れるよりは事務所の中に会議室を確保することで業務の効率があります。事業内容によっては転居の必要性に迫られることになります。

事務所を新たに借りる、転居する等の場合、悩ましいのはレイアウトです。事業用の賃貸物件というは通常スケルトンと呼ばれ、借り手が決まってから借り手の要望に合わせて壁やパーテションの配置を決めるからです。居住用の賃貸物件と違って部屋のレイアウトを自分たちで決める必要があります。しかし、設計士でもない人が何もノウハウもない状態で決めることができないのは明白で、そのために専門業者が存在します。

オフィス関連の専門業者とは時間をかけて打ち合わせを行う必要があります。専門業者の選定にも時間がかかるかもしれません。それでもインターネットのおかげで専門業者が自分たちが手がけた過去の事例などをホームページ上で公開しているのでイメージがしやすくなりました。担当者やきめ細かいソフト面での対応も何度が顔を合わせているとわかるようになってきます。

事業用賃貸物件を扱っているのは主に不動産仲介業を行っている企業が多く、物件の選定、レイアウトの作成、実際に備品などの購入から配置などきめ細かくサービスを行っています。オフィス家具を販売している業者でも事務所のレイアウト変更などを手がけているところがありますが、あくまでも同じ場所で配置換えを行うというものが多くなっています。転居を伴う、事務所の大きさが変わる、あるいは増えるなどの場合は、そのような事例を数多く積み上げているところを選ぶようにするといいでしょう。

担当者との相性も考慮しましょう。いくら優れた事例がいくつもあって魅力的な提案をされても人間対人間のつきあいが基本にあります。ソフト面、担当者やスタッフとこちらがわの責任者の相性が合っていれば、事はスムーズに進みます。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ