事務所レイアウトの事例とフリーアドレスのデスク

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所レイアウトの事例とフリーアドレスのデスク

事務所レイアウトの事例とフリーアドレスのデスク

会社の移転を行う時などは、新しいオフィスの中の事務所レイアウトを作成しておく必要が有ります。

会社の規模を小さくする場合には、移転前に不要なオフィス家具類の処分を行い、必要な物だけを新しいオフィスに運び込み、オフィス内を快適に利用できるよう事務所レイアウトを考えておくことが重要です。



因みに、意外と忘れがちとなるのが搬入の際の間口などの広さです。

現在のオフィスとは環境が異なる場所への移転となるため、オフィスビルの入り口、エレベータの間口、そしてオフィスの玄関となる場所の間口の広さが、搬入時に支障なく行えるか否かを確認しておくことが大切であり、これを怠ると引越し作業中にオフィス内にデスクや棚が搬入できないなどの支障をきたす事が在ります。



一般的なオフィス家具類は、オフィスビルへの搬入は可能になるものの、特殊な器材など大きなものを利用している会社などは注意が必要です。



事務所レイアウトを作成する時は、搬入を行うオフィス家具の全ての寸法を計測しておいて、新オフィスの間取り図の縮小率に合わせて、オフィス家具を上から見た模型図を作成し、間取り図に縮小したオフィス家具の模型図を配置していくことで、オフィス内のレイアウトを決めるのが楽に行えるようになります。



また、オフィスの中で円滑に業務が行えるようにする事や、快適な環境を作り出す目的において、事務所レイアウトの事例を参考にすることで、今まで気が付くことが無かった新しい発想を得る事も可能にします。



事例はインターネットのホームページの中に在り、その事例を参考にして自社の事務所内のレイアウトを決めることで、社員一人一人が仕事をし易い環境を作り出すことが出来ます。

また、最近は社員一人一人が専用のデスクを利用するのではなく、フリーアドレスと呼ばれるデスクを用意しておくことで、作業効率を高める効果を期待する事も可能にしており、フリーアドレスを導入する企業も増えています。



自由にデスクを利用できるメリットは、作業環境を高める効果も期待できることからも、注目されており、事務所レイアウトの事例の中にはフリーアドレスによるレイアウトを見る事が出来るようになっています。



会社の中だけを見ていると、どうしても視野が狭くなりがちです。

こうした時に、オフィス内に新しい発想のレイアウトを取り入れることで作業環境を高め、業務効率が高くなる効果を期待する事が出来るようになり、結果的に利益を増やせる効果も期待できると言うメリットに繋がります。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ