事務所レイアウトは事業目的を第一に、そして事例研究を

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所レイアウトは事業目的を第一に、そして事例研究を

事務所レイアウトは事業目的を第一に、そして事例研究を

事務所レイアウトは、経営戦略上重要な項目の一つになるので、まずは事業目的との整合性を第一に考え、その上で参考になる多くの事例を研究して決定するのがいいでしょう。

昨今は、事務所関連の専門メーカーがたくさんあり、見栄えのいいことはもちろん、使い勝手も格段と進歩しています。それはデスクや椅子だけでなく、オフィスの収納スペースや会議室、ドアから通路、人の動線なども合理的でしかも実用的で、ケースによっては創造性を掻き立てるようなものを用意しています。

事務所レイアウトも同じで、単に配置を工夫するというところから脱皮し、経営戦略を貫き通すものにまで進化していると言っていいでしょう。

この経営戦略との結びつきがもっとも大事なポイントになります。

多くのレイアウトは、現代的で、美しく、いかにもビジネスの先端を行くような印象を与えるようになっていますが、お金をかければ、そのようなものはどの企業でも用意できます。でもそれだけでは、ビジネスの優位性には結びつきません。

たとえば、どの企業も今日ではセキュリティを厳重に管理しています。その結果、ゲートセキュリティは強化されていますし、オフィスも外部からは見えないようになっています。それらは時代の先端を行くものには違いありませんが、お客様との結びつきは弱くなり、アットホームな印象はなくなります。

一つの事例ですが、再就職支援サービスの企業を訪問すると、お客様と事務所は完全に分離されたスペースとなっています。事務所スタッフの活動や会話は完全に閉ざす方針からですが、サービスを受ける者からすると冷たい印象があり、一体感が薄れています。オープンスペースの方が頼りになるのにということなのに、それが無くなっています。

他の事例でも、最先端イメージでなく、温かみのあるレイアウトの方が良いという場合や、無駄なスペースがある方がクリエイティブ思考が湧きやすいとは、いろいろな設定のケースがあるはずです。

だからこそ、事業戦略との整合性を第一にすることを切り離さないということです。レイアウトも事業戦略のコンセプトを貫き通すための一環と考えれば、うなづいていただけることでしょう。

そして、そのために具体的に行いたいのは、レイアウトの事例をできるだけ多く、直に見て、参考にすることです。

この場合は、同業他社のものではなく、できれば異業種のものを研究し、参考にすることをお奨めします。その方が新しいヒントがたくさんあるからです。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ