事務所内装レイアウトは一般社員も検討に参加するべし

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所内装レイアウトは一般社員も検討に参加するべし

事務所内装レイアウトは一般社員も検討に参加するべし

オフィス内に新たな風を吹き込むために、事務所内装のレイアウトを一新される企業の数が増えてきています。経営陣が中心となって業者との検討を行うことが多いですが、ここに一般社員の意見を取り入れることでより良い職場環境が作られるきっかけになります。普段から事務所内の環境に不満を抱えている一般社員は意外と多いからです。その意見をふんだんに盛り込むことが、内装を一新した後の社内環境の変化に繋がります。



どのような企業でも、一般社員と経営陣の間には一定の壁というものが存在します。それぞれが抱えている業務の質や量が違いますので仕方がありませんが、だからこそ事務所内装について一緒に考えるべきです。これから新しくするレイアウトという共通の課題について、意見を出し合うことで両者に一体感が生まれるからです。建設的な意見が多数出されることで魅力的な職場環境が構築されていきますので、まさに一石二鳥というにふさわしいことです。



レイアウトを検討する際には、狭い視野で物事を考えてはいけません。経営陣の意見も重要ですが、一般社員という第三者からの視点も事務所内装の一新には必要不可欠です。似通った業務に精通している人物だけが集まり検討をした内装だけでは、現状の改善点をあぶり出すことが難しいからです。無理にスケジュールを合わせてでも、一般社員と協力をして内装を検討するようにしましょう。



組織で働く人々の意見が事務所内装に反映されれば、仕事のやる気が出てきます。そのためには一般社員が内に秘めている不満を、事務所内装レイアウトに反映をすることが大切です。休憩するためのスペースや、作業中でもプライベート空間を持てるようにするなどの工夫が凝らされれば、生産性が向上することが期待できます。組織の中でも一部の人物たちだけがレイアウトを検討しても、やる気や生産性の向上といったメリットに繋げられません。



事務所内装を変えるために一般社員も巻き込むということは、社内全体の連帯感を増すことに繋がります。その結果として現状の問題点を浮き彫りにすることができ、最終的には社員全員のやる気を高めたり生産性を向上させたりできます。これを実現するためには、レイアウトを検討する段階から一般社員と協力をすることが大切であると説明をしてきました。時にはスケジュールを強引に合わせることも必要になるでしょう。そうして生み出される相乗効果は計り知れません。

オフィスレイアウトの事例はこちら

次の記事へ