事務所移転には戦略が必要

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所移転には戦略が必要

事務所移転には戦略が必要

ビジネスが軌道に乗ってくると、事業を拡大したり、スタッフを増やしたりする必要があります。

また、オフィス内の設備を増やしたりすると、現在の事務所では手狭になってしまうこともあります。

そんなときには、今ある事務所から場所を変更して、事務所移転を目指しましょう。

そうすることで、これまで以上に業務を行いやすく、スタッフにとっても働きやすい環境が整うといえます。



事務所移転は大がかりな作業になるので、計画的に進めて行くことが重要です。

まず、希望する立地や予算内で、物件を探していかなくてはなりませんよね。

こうしたときのために、不動産会社からこまめに不動産の情報を得ておくとよいでしょう。

いざというときに探し始めるのでは、よい条件の物件はすでに契約者が決まってしまっていることがほとんどです。



事務所移転の移転先として、駅から近かったり、駐車場が付いている、もしくはすぐ近くに駐車場がある物件がおすすめです。

スタッフだけでなく、来客者のことを考えて、理想通りの物件を選ぶようにしてみてはいかがでしょうか。

こうしたさまざまな戦略や計画の上で、ベストな物件を決めることが、今後のビジネス展開にも大きく影響してくるといえますね。



戦略は、営業にだけあてはまることではなく、こうした何気ない事にも生かすべきです。

そうすることで、あらゆる場面に良い影響を与えることができ、新しい可能性も広がってきます。

戦略をしっかりたてた上で、期間を設定してスムーズに行動すれば、移転後の業務も問題なくスタートさせることができます。

急に決めるのではなく、スタッフ達の同意を得て、それぞれの要望を取り入れながら決めて行きましょう。

不動産会社に希望を伝えれば、条件にあった物件をいくつか紹介してもらえますので、実際に内覧して、オフィスのレイアウトをイメージしていくようにしましょう。

今の事務所よりも狭いところにしては意味がありません。

スタッフの増員などを視野にいれながら、ゆとりのある面積を誇る物件をチョイスしましょう。

事務所移転というのは、ステップアップの一貫ともとらえることができます。

できれば綺麗で、給湯室やトイレなどの設備が整っている物件が良いですよね。



こうして計画的に進めて行き、無事に業務が開始できるようにしましょう。

新しい事務所で、皆で和気藹々と仕事をすれば、業績もアップしていき、よりよい会社になっていくはずです。

計画的に進めて行きましょう。

次の記事へ