事務所移転のメリット

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所移転のメリット

事務所移転のメリット



事務所移転のメリット



事務所の移転を考えているという企業もあるでしょう。事務所を移転することによって、さまざまなメリットを享受することができます。

そのメリットは大まかに分けて四つあります。一つ目は大幅なコストカットを実現することができる点です。移転することによって分散されたスペースを集約することが可能となるのです。スペースが分散されていると、どうしてもコピー機などの事務用品や備品の管理などを別々に行わなければならないので無駄がでている場合があります。このように、スペースが分散されていることによって経費が余計にかかってしまっているケースもあるのです。スペースをワンフロアにすることによって備品の重複などの無駄を削減することができます。また、重複を無くすことはコストカットを実現することにもつながるのです。

二つ目は従業員のモチベーションを向上させることができます。分散されたオフィスであれば、社員同士のコミュニケーションも遮断されていることになります。しかし、移転することによって働く場所の雰囲気が変わるのでモチベーションを向上させる事ができる場合があります。社員のモチベーションが向上することによって企業の販売成績が伸びたり、効率的に作業を行うことができるようになるので、作業効率がアップも望めるでしょう。

三つ目は耐久性です。日本は地震が多い国なので、耐久性なども考慮しておかなければなりません。耐久性がしっかりしていないと、万が一地震などがあった時に社員を危険に晒してしまう可能性もあります。耐久性を考慮して事務所を移転することによって社員が安心して働くことのできる環境を作ることができます。

四つ目はリクルーティングが有利に働く場合がある点です。多くの就活生は企業を選択する場合、第一印象で就職したい企業を選択しています。もし、老朽化のビルが事務所である場合、就活生に与える印象が悪くなってしまうでしょう。そのため、新しいオフィスに移転をすることによってリクルーティングに関しても優位に行うことができる場合もあるのです。リクルーティングがしやすくなることによって幅広い人材の中から採用を決めることができるので、企業に大きなメリットをもたらしてくれるのです。このように働く場所を変えることによって四つのメリットを受けることができます。



事務所の選び方



事務所の移転を考えた時、まず行わなければならないのが事務所選です。選ぶ際に重要になるポイントは四つあります。一つ目は立地や賃貸条件です。企業において立地はとても重要なポイントです。もしお客さんに直接販売をする場合は人が多く行き交うところが販売促進の効果があります。また、デスクワークでインターネットからサービスを提供している企業の場合は基本的に人が多く行き交うところではなく、従業員がデスクワークに集中して行うことができるような環境のところが良いでしょう。周辺にコンビニエンスストアなどがあれば従業員が昼食をとることが簡単になるので、そういった立地のオフィスを選ぶのも一つです。立地に関しては企業によって異なっているので、企業に適している立地のところを選択しましょう。また、お客さんのことだけを考えるのではなく、社員のことも考慮すると効率的に選択することができる場合があります。

二つ目は契約面積です。契約面積の内、実際に使用できる面積はどれくらいなのかを把握する必要があります。三つ目は保証金や敷金などです。保証金は明け渡しの後、どのぐらいの期間の内に返還されるのかという点や敷引がある場合は何パーセントになるのかなどを把握しておかなければなりません。四つ目はトイレです。トイレは場所によっては男女一緒のトイレなどがある場合があります。女性が多い企業であれば、男女一緒のトイレには抵抗がある人もいるでしょう。細かいことですが、こういったことも移転する上で考慮すべき問題なのです。



事務所移転のための業者の選び方



事務所を移転するためには業者を選ばなければなりません。業者を選ぶ際に重要になるポイントがあるので、そのようなポイントを把握しておくと良い業者を選択することができます。

たとえばサポート体制が充実しているのかどうかということです。サポート体制に関しては業者によって当然ではありますが異なります。サポート体制の良い業者の場合はITネットワーク環境を構築してくれるところもあるので、このような業者を選択することによって多くのサポートを受けることができます。

また、オフィスに特化した引っ越しサービスを提供してくれるかどうかという点も重要です。企業の引っ越しの場合は自宅の引っ越しとは事情が違ってきます。企業が引っ越しをする場合は、通常の業務に影響を与えずに引っ越しを行う必要があります。通常業務に支障が出てしまうと企業側が不利益を被るからです。なるべく企業が引っ越しを行う場合は企業の引っ越しに特化したサービスを提供してくれるところにお願いする必要があるのです。このように事務所を移転する場合に良い業者を選ぶことによってサポートをしっかりと受けて、業務に支障なく移転を行うことができるのです。

次の記事へ