事務所移転時の工事の種類について

オフィスデザインホーム > コラム > 事務所移転時の工事の種類について

事務所移転時の工事の種類について

会社の規模を縮小する時などは、現在のオフィスでは広すぎる事からも、規模に合った広さのオフィスに引越しをするケースが有ります。
従業員の数を減らすなどして会社の規模を縮小するのは企業にとっては良い事ではありませんが、現状のオフィスよりも狭いオフィスへの事務所移転を行う事で、毎月固定費となって出費になる家賃を減らせると言うメリットが有ります。

これに対し、会社の規模を拡大する時などは、従業員の数を増やしたり、新しい業務を行うために必要な設備を揃えるなどの理由からも、現在のオフィスでは狭くなり、より広いオフィスが必要になった場合も、事務所移転を行う必要が有ります。

尚、事務所移転をする時には、幾つかの工事を引越し前に行っておく必要があります。
会社の中ではビジネスフォンと呼ばれる専用の電話機を利用していますが、ビジネスフォンは会社の代表番号を複数に分けるための主装置が必要であり、代表番号にかかってきた電話を予め用意されている複数の電話番号に振り分け、空いている番号に電話がかかるようにして在り、家庭で利用されている電話機のように、電話中と言う事を防止することが出来るようになっています。

また、ビジネスフォンの回線工事は電話工事会社に依頼をして行う事になりますが、引越し前や引越し当日などに依頼をして電話機の設置を済ませておく必要が有ります。

更に、最近の会社の多くはパソコンやインターネットを利用するケースが多く在るため、インターネットの回線工事も併せておこなったり、電気の配線工事なども事前に行っておく必要が有ります。

また、事務所移転先となるオフィスの中に、打ち合わせや会議などを行うための小部屋を設けたい時などは、天井まで届く高さを持つパーティーションを設置したり、入り口部分には扉を作るなどの工事が必要になります。

これらの作業は事務所移転前に行っておくことで引越し作業中にバタバタしなくて済みますし、業務中に色々な音がして業務に支障をきたすことが無くなるなどのメリットが有ります。
尚、事務所の移転やオフィスレイアウト、オフィスデザインなどのサービスを手掛ける企業では、事務所移転時に必要となる全ての業務を一任出来ると言うメリットが有ります。

このサービスを利用する事で移転前に何をしなければならないのか、移転をした後にどのような事をすれば良いのかなどのアドバイスを受け取れるため、業務に支障をきたすことなく会社の引越しが可能になります。

次の記事へ