事業の推移に伴う職場の移転計画とは

オフィスデザインホーム > コラム > 事業の推移に伴う職場の移転計画とは

事業の推移に伴う職場の移転計画とは

会社が設立されて事業を始めた当初は、比較的に小規模なところから始まるために、その職場となる事務所や営業所なども小規模なものであるのが普通でしょう。



しかし、事業が軌道に乗れば、その規模はしだいに拡大して行くものとなるために、その事業所となっている事務所や営業所といった職場も当初のままのものでは手狭になってしまうので、事業規模の拡大と共にもう少し広い場所に移転する、といった展開となって行きます。



このために、会社の事業規模が拡大して行くのに伴って、職場の移転計画というものも必要となってきて、その事業規模の拡大に見合ったサイズの場所に移転するために、事業所の移転計画というものが作られることになります。



このような際には、事業規模の拡大に応じた事業所のサイズの問題だけではなく、そのために掛かる費用や、事務所の賃貸契約の条件などなど、様々な要素を考慮しなければならないために、行き当たりばったりのものでは困るので、しっかりとしたプラニングを行った上で、事業所を移すということになるわけです。



実際にも、成長をして行く会社というものは、その創業以来、ずっとその場所にとどまっているということはまずなくて、その事業の成長に伴って、文字通りに事業の本拠そのものが移動することもあれば、創業の地はそのまま維持しながらも、その事業拠点を増やして行って、各地に事業を拡大展開して行く、という道筋をたどって行くことになります。



もっとも、逆に好調であった事業が不振となってしまえば、それまでは一等地に事業拠点を構えていた会社が、その維持コストに耐え切れなくなり、やむなくその一等地を引き払わざるを得なくなって、事業所の維持コストが安くなる場所に移らざるを得なくなる、といった場合もあるわけですが。



このように、会社の事業が行われる場所である職場というものは、ずっと一定の場所にとどまっているという性格のものではなく、その会社が成長する場合であれ、逆に衰退する場合であれ、そこには常に移動というものが伴うもの、と言うことができるのではないでしょうか。



この意味からも、会社の事業活動の場である職場と、個人が居住するための場である住宅とは、同じ建物ではあっても、基本的にその性格を異にするものと言えるでしょう。



もっとも、個人の住宅であっても、それが賃貸である場合には移転することもあるわけですが、この場合も、事業の成長・衰退に伴う会社の移転の場合とは、その意味が根本的に違っているもの、と言うことができるでしょう。

次の記事へ