事業所移転に関連する協力業者について

オフィスデザインホーム > コラム > 事業所移転に関連する協力業者について

事業所移転に関連する協力業者について

事業規模が大きくなる時などに必要となる事業所移転という作業には実に多くの業者の協力を必要とするものであることが知られています。どのような業者のどのようなサービスが必要になるのかについては、その事業所が取り扱っている事業の種類に大きく影響を受けるものであると言えますが、サービス業の場合などについては単に資材や機材を移動させるだけでは事業所移転とはならないのが一般的です。

そのためこれから行おうとしている事業に合わせた準備をする必要があり、必要に応じて内装などの変更をするための業者を手配する必要もあると言えるでしょう。そのためどのような事業所であっても必要となるのが事業所移転に関係する配送業者と、移転先の内装関係の面倒を見てくれる工務店関係の業者は殆どのケースで必要になるものであると言えます。

物販等のサービス業や単なる事務所としての事業所開設といったシンプルな事業であればこれらの対応だけで済むかもしれませんが、各種の許可申請を前提として事業を行っている事業所の場合には引越しや内装、外装の整備以外にも各種届け出の対応も必須となります。特に許可制で管理されている事業の場合には、必要な届け出をせずに事業を行うことは明確に違反となる行為であり注意が必要です。届け出が必要な事業はサービス業を中心にして非常に多く、飲食店等のサービスを提供する店舗の場合や病院の様な特殊な事業所、あるいは業務上必要な作業の中に危険物を使用する工程がある事業の場合にはそれぞれ管轄する官庁の許可を取得しておく必要があるでしょう。この様な手続きは自分自身で行うことも不可能ではありませんが、専門知識が必要なことも少なくなく、手続きに不備があると非常に面倒な修正作業に追われることになりかねませんので、その道のプロに頼るのが賢い方法であると考えることが出来ます。

この様に様々な手続きを行うことが事業所移転には必要となりますが、そのそれぞれに専門とする業者の存在があります。自力で行うことが出来る場合であってもより効率的に正確な仕事をしてくれるという仕組みがありますので、間違いのない仕事をするためには専門家の力を上手に活用して手続きを進めていくことも検討するべきであると言えるでしょう。若干の手数料がかかることではありますが、素早く間違いのない仕事を行えるということは元も重要である時間の節約にもつながるということを忘れてはなりません。

次の記事へ