会社がコストのかかる事務所移転を行う場合とは

オフィスデザインホーム > コラム > 会社がコストのかかる事務所移転を行う場合とは

会社がコストのかかる事務所移転を行う場合とは

会社がその事務所移転を行おうとすれば、それにはいろいろとコストがかかるものと言えるでしょう。

まずは、移転のための引越しそのものに要する運送費がかかりますし、移転先で新たに必要となるものがあれば、その調達費用もかかり、そしてもちろんのこと、移転先に新たにテナントとして入居する際の入居時費用もかかるわけです。

特に、事業用建物にテナントとして入居する際の入居時費用というものは、住居用建物に入居する際の費用よりもずっと高額であり、ほとんどの場合、テナントとして入居するためには、その家賃の数ヵ月分を保証金として支払わなければならない、というのが一般的となっているからです。

そもそもが、事務所移転というものは、その会社の業績が左前になってしまった場合は別として、事業の伸展と共に従業員の数も増えて、その事業規模が拡大することになり、その業務拡張のためになされるという場合が普通ですから、その移転先というものは、当然に、現在の事務所が立地している場所よりもより好条件である場所、ということになるはずです。

ということになれば、そうした現在の事務所所在地よりも好条件である場所の地価も、またそこに建つ建物の賃料も、現在のものより高くなるというのが普通でしょう。

しかも、従業員数も増えて、業務拡張のための事務所移転であるわけですから、その事務所スペースも当然に現在のものよりも広くなるはずなので、なおのこと、その賃料は現在の事務所の賃料よりも嵩むことになるはずです。

このように、事務所移転を行う際には多大なコストがかかることになりますから、それだけのコストをかけてでも移転するだけのメリットというものがなければ、そう簡単に踏み切れるものではないわけです。

実際にも、事務所移転というものは、確かに会社の業績悪化による撤退といった場合もなくはないものの、ほとんどの場合、その会社の成長に伴って行われているものなので、そうしたことが行われている会社は成長している会社である、という風に見なせる場合がほとんどであると言えるわけです。

つまりは、多大なコストをかけてでも事務所移転を行うことで、さらに事業規模を拡大して業績を上げて行くことができ、そのようにして、小規模な会社として出発したところが、大きく成長を遂げて行って、やがてはその業界で一二を争う大会社へと成長して行った、という事例が実際にもいくつも存在しているからです。

次の記事へ