内装を変えるとオフィスも変わる?職場環境の重要性

オフィスデザインホーム > コラム > 内装を変えるとオフィスも変わる?職場環境の重要性

内装を変えるとオフィスも変わる?職場環境の重要性



労働環境の大切さ



会社を立ち上げ、起業したり、オフィスを移転したりするときにはオフィスの選定作業が必要となってきます。立地条件なども重要ですが、レイアウトなどを含めた内装も重要事項となってきます。というのは、内装の良し悪しにより、従業員の勤労意欲が変化してくる可能性があるのです。高いモチベーションを維持するのは会社として、細部にわたりチェックしなければならない項目です。

モチベーションが低下すると、非生産性の流れが蔓延し、日々の業務に支障をきたし、利益を出せないという悪循環の繰り返しとなってしまいます。そうならないためには、普段から従業員が気持ち良く働ける環境が必要なのです。薄暗く、そして、狭いデスク間、そして活気の存在しない職場では働きたくない、という方も多いと思います。そうならないためにも、事前に綿密なディスカッションを重ね、快適な環境を創る必要性があります。大事なのは目的です。業務拡大のためにスペースを拡大させるのか、それとも、福利厚生を重視させるのか、など、多様な目的が考えられると思いますが、業務の拡大ならば人員も増えるわけですから広いスペースの確保、効率性を重視しなければなりません。

福利厚生を重視するならば、従業員のリクエストを踏まえ、オフィスにおしゃれで先鋭的な休憩スペースなどの設置なども考慮すべきです。精神的なバランスの均衡の維持も重視しなければなりません。このようなスタイルの選定作業が失敗すると、元も子もありませんから、会社全体で取り組む必要性があります。何事も初めが大切です。従業員の要望をなるべく汲みとり、周囲に自慢出来るような労働環境にするのが効果的です。会社の業績向上の第一歩なることもあるのです。



低価格での内装はできる



コストを下げて、低価格で環境を変化させたい、と考えるならば一工夫が必要です。たとえばタイルカーペットを床に敷くだけで、一気に印象が変わる場合もあります。人間、誰しも視覚範囲内でイメージを決定付けますが、眼下の床も実際は活用出来る広大なスペースです。環境変化には一定の効果がある、と考えます。単色のタイルの上にカーペットを敷くだけで、ガラリとイメージが変化します。

例えば、グリーンのカーペットの上に植物を置くだけで、環境を考慮したエコのイメージが強まります。同時にマイナスイオンに溢れたような感情も感じることが出来ます。何事もプラス思考というイメージを潜在的に植えつけることも可能ですから、タイルカーペットは有効な方法です。一枚一枚が小さく、それを組み合わせながら床に貼り付けるだけなので、手軽に張り替えが可能です。自由に柄や色を決めることができるのも魅力です。カッティングシートも活用できます。こちらはシール状になっているので何度も剥がして貼ることができます。

壁にお手製のカッティングシートを貼り、オリジナリティー溢れるデザインを施してみるだけで、心が和やかになりますし、訪問客の方々も会社のイメージに好感を持つことでしょう。カッティングシートは多種多様ですから、雰囲気に合わせて、活用すると、プラス面に働く可能性が高くなります。内装は会社の表面でもあります。常に美しい表面を維持したいものです。そして、従業員が笑顔を絶やさない状態であれば、会社の業績の行方も心配することもないでしょう。



コンセプトの重要さ



それでは、内装のコンセプトとしては何を重視すべきなのかを考察していきましょう。オフィスにおいては、まずコミュニケーションを重視しなければなりません。普段、従業員同士が円滑にコミュニケーションを図っていないと、非生産性が強いですし、諸問題が生じる確率も高くなります。会議や打ち合わせなどで使用するスペースなどは、独自色を打ち出し、通常の業務を行っているスペースとは違う空間を演出するのが良いと思われます。

違う空間を演出することにより、より良いアイデアが閃く可能性がありますし、何よりもリラックス感を生み出せるという環境が大事です。福利厚生重視も考慮しなければなりません。会社には人材確保という命題も存在します。有能な人材を労働環境の悪さで失うということは回避したいものです。休憩スペースの活用は福利厚生の面でも重要です。コーヒーやお茶などを提供出来るサーバーや自販機の設置など、気軽に利用出来る環境を演出すべきです。このような演出は女性の感覚を採用し、取り入れるのも適策です。細かい部分においても、気を遣ったコンセプトに成り得ます。

生産性重視も取り入れたい項目であります。生産性を重視するならば、可能な限りシンプルさが求められます。必要性のないものを除去することで、仕事に集中出来るというメリットがあります。シンプルな環境は費用が安価である、と思われがちですが、素材にこだわりを見せると、高価になりやすいのです。費用を圧迫しない心掛けが必要です。どれを重視するかは、会社の判断によりますが、全体を見据えた賢明な選択が求められます。

次の記事へ