大阪に事務所を構えたい!オフィス移転の準備は何が必要?

オフィスデザインホーム > コラム > 大阪に事務所を構えたい!オフィス移転の準備は何が必要?

大阪に事務所を構えたい!オフィス移転の準備は何が必要?



オフィスを移転するという難しい行動


従業員が多くなった、逆に少なくなった、大阪へ拠点地域を変えたいなど会社には、オフィスをめぐる問題が出てくる場面もあります。しかし、面積が狭く物件数が少ない条件の地域でオフィス移転を考えることになったら、経営者はかなり迷ってしまう事が多いです。というのもオフィスを移転するというのはやるべきことが非常に多く、また考えなくてはならないことも山積みなので、忙しい仕事の合間にこの大仕事をこなす時間があるのだろうかと不安を持ってしまうからです。

オフィスを移転するという事はイコール、会社を動かすという事になるので、様々な障害も出てきます。会社によっては場所がどこであれ、従業員が通える範囲ならどこでもいいという業務の場合もありますし、逆に従業員の寮を用意しても仕事しやすい環境の地域に移転したいと考える事もあります。オフィスの移転は行っている業務によってもどのような移転が理想的なのか違いってきます。

業務の拠点を動かすというのは非常に大きな労力が必要です。移転の際、業務を一時休業して移転作業を行えるという事ならいいのですが、ストップできない業務もあります。特に最近はどの企業でもネットワークを常に利用していますので、休業しない場合、移転して即ネットワーク環境を作っておいて、業務を遂行しながら引越し業務を完了させるという事が必要となります。

そのため少々不便があっても、オフィスを移転する事を諦め、働きにくい状態で業務を遂行している企業が多くなってしまうのです。でも最近はオフィス移転をしっかりサポートしてくれるサポート企業が出てきています。オフィスを動かす際に必要な業務を本業になるべく支障なくできるように、様々な事をいわば代行してくれる業者さんです。

こうした業者を利用する際にはある程度の費用がかかりますが、仕事をしにくい環境の中、効率の悪い仕事をしているよりも、費用がかかっても有効的な移転を行い、従業員が快適に効率よく仕事をできる環境を得る方が得策ではないでしょうか。会社を動かすという複雑な行動を専門的知識を持ってサポートしてくれる業者を知ると、無理だと感じていたオフィスの移転が現実的に可能であるという事が見えてきます。

オフィス移転を効率よく行うために


大阪という土地は人口密集地域が多く、他の都市部と比較して物件数が少ないというデメリットがあります。オフィス移転を考える時、大きな問題になるのが引越し先を決めるという事です。経営者が理想とする物件があっても内装が事務所向きではないとなれば、当然リフォーム工事が必要となります。内装をオフィスに替えていくことが必要となりますし、利用できるものは今の事務所から持っていくとして、新しくオフィス家具を購入する事も必要となるでしょう。

ここまでの段階で大阪で物件を探し、その内装工事の業者を探しリフォーム設計など依頼し、その設計に伴い必要なオフィス家具を準備するということが必要となる事がわかります。もちろんその先には引越し、さらにネットワーク環境を構築する事も必要となりますし、どのように何を先に勧めていけばいいのか、オフィス移転について効率のいいスケジュールを組まなくてはなりません。

そして忘れてはならないのが、今の事務所を借りているのなら、原状回復して大家さんに返すという事が必要となる事も多いので、原状回復をどのように行っていくか、どの業者に依頼すればいいのかという事も考えなくてはなりません。せっかく新しい環境での仕事のために引越しされるわけですから、新しいオフィス内もただ仕事するという環境ではなく、従業員が快適に業務ができるようなオシャレで使いやすいものにすることが望まれます。

こうした様々な変更事項を、本業を行いながら遂行するというのはかなり難しい事なので、オフィス移転の専門業者が注目されているわけです。やらなければならないことをしっかり把握し、理想的なオフィス環境を作り出していくため、また効率よく移転作業を行うため、共に動いてくれる専門業者はとても力強い味方になります。

オフィスを移転する事が現実的になった


現代のオフィスの移転を専門的に行う業者の中には、ただオフィスデザインを提供することや、リフォーム工事を請け負うという事ばかりではなく、オフィス移転の相談から現在利用しているオフィスの原状回復工事、従業員が動きやすい理想的なオフィスイメージを作りオフィス家具を提案し、リフォーム、内装工事、さらに業務を行いながらどのように移転作業を進めていくかの管理など、オフィスの移転に関してすべてに関わってくれるところが出てきています。

これまでもオフィスの移転を行う仲介業者がいましたが、単なる仲介業者で引越しの提案や工事に関して業者を紹介する等、部分的な仲介業務を行う業者がほとんどでした。しかし最近は、オフィスの移転すべてにおいて、トータルで請け負ってくれるという仲介業者も出てきて、企業を動かすという事の大変さを感じ、移転を躊躇されてきた経営者も、現実的に理想的な空間へのオフィス移動が可能なんじゃないか?と相談する方が多くなってきています。

手狭で使いにくいと感じている現オフィスよりも、業務に合ったレイアウトで快適な業務ができる空間にしていくことで業務効率も良くなるのではないか、しかし現実的に本業をこなしながら引越しするというのは難しいと諦めていた経営者にも、こうしたオフィス移転専門業者が出てきたことで未来の理想的な業務空間の構築が見えてきたのです。

これからは従業員が気持ちよく仕事をできる空間が求められてきます。いい人材を集めるという事でも、機能的なオフィスがあるというのは大きな強みになります。オフィスの移転を共に行ってくれるというイメージの業者が出てきたことで、大阪という住宅事情が悪い地域でも、経営者の理想が現実にできる可能性が広がり注目されているのです。

次の記事へ