家具選びは外せないオフィスデザインのコーディネート

オフィスデザインホーム > コラム > 家具選びは外せないオフィスデザインのコーディネート

家具選びは外せないオフィスデザインのコーディネート

オフィスデザインとは、使い易い仕事環境を実現して、作業の効率化を図る取り組みを指します。

移転先の立地や、室内設備の充実はオフィスデザインの一部ですが、家具の選択と配置は特に重要な要素です。

余裕有る空間をオフィスデザインに用いても、家具が合わなければ使い心地は良く有りませんし、作業環境の快適さ実現は難しく成ります。

しかし、現在のオフィスデザインは、総合力が鍵に成りますから、使う人に合わせた家具の選定や、効率を改善する配置の工夫が行われます。



誰の為のオフィスデザインで、家具を使う人は誰かといった情報は、話し合いで明確にしたり、具体的な基準を出して選定を始めます。

引っ越をする側にとって、家具は製品選びの一種に過ぎませんが、オフィスデザインを任される者は、重要な選択で有る事を知ります。

目的に合わせた製品選びや、室内設備の導入を考慮すると、組み合わせは膨大に膨れ上がります。

予算が豊富な状況で、選択肢の数は増え続けますが、選ぶ技術が有る事で、迷いを打ち消し計画は進行可能に成ります。



具体的な家具の選択は、引っ越し先の空間に対して、使い易さを考慮する点は特徴です。

空間が限られている場合、大型製品の導入は難しいですし、配置出来る組み合わせに限界が生じます。

先ずは一人の専有面積を割り出し、それに合う製品を絞り込めると、選び安さは格段に向上します。

作業する環境だけでは無く、移動スペースの確保は必要ですから、全体を見ながら設計する高度な技術が必要です。



照明の向きや明るさに加え、空調と人の距離は快適性に影響しますし、作業者に合わなければ効率が低下します。

デスクワーク主体の企業は、照明が作業に与える影響を考え、集中出来る空間の確保を考えましょう。

実際に快適性を実現するには、その場で働く側の意見に耳を傾け、改善点を探り出す作業が最初の段階です。

一連の計画は、コーディネート技術が結果を左右しますし、ノウハウが物をいいますから、総合的な知識は必要不可欠です。



経営者は利益を追求しますが、同時に社員の働き方を考えたり、効率を上げる模索が行われます。

何が足りず、どこを変えれば成果が伸びるか、これは客観的に聞ける立場の人が有利です。

また、意見を幅広く収集したとしても、結果に反映されなければ意味は有りませんから、実現する能力を併せ持つ事が前提です。

客観性を重視する情報収集と、予算に照らし合わせた具体的な計画の立案は、専門家からサポートを受けて取り組みましょう。

次の記事へ