工事費用を最小限に抑えたオフィス内装の考え方

オフィスデザインホーム > コラム > 工事費用を最小限に抑えたオフィス内装の考え方

工事費用を最小限に抑えたオフィス内装の考え方

オフィス内装はそのオフィスで働く人にとって、少なからず影響を及ぼします。会社のコンセプトや雰囲気は、そのオフィスの壁の色や形、質感によって大きく変わります。白い壁の場合には清潔感が溢れますが、逆に非常に緊張感が高まり、また色の濃い壁は集中力が増しますが圧迫感があるなど、その色ひとつとっても大きな影響を受けるため、オフィス内装は非常に神経を使う部分でもあります。



しかし、オフィスの工事費用にそれほど潤沢にお金を掛けられるケースはそうありません。また外部から見た場合に必要以上にオフィスを豪華にしている企業は敬遠される部分もあります。働く人にとっては豪華なオフィス内装を施した中で働きたいと考える人は少なくありませんが、経営者や投資家の視点から見た場合には非常に疑問を感じる場合も少なくありません。



その為、オフィス内装に於いては工事費用を出来るだけ軽減した中で、最大限の効果を引き出す工夫が必要になります。その為に重要なことは、仕事を行う上で重要なことを整理してコンセプトを明確にすることです。その中で必要なものを確保し、無駄なものは排除して最大限の効果を引き出すことが大切です。



例えば法律事務所などデスクワークやミーティングの多い職場では一人ひとりが仕事に集中できるように個々のデスクスペースを広く取るとともに、パーティションを作り周囲の状況が目に入らないようにすることが大切です。またミーティングスペースを分離させ議論を戦わせても周囲の邪魔にならないようにすることが大切です。しかし集まりやすいように離れた会議室ではなく、比較的席の近くに配置する、といった配慮も必要です。会議のたびに長時間移動するのでは非常に効率が悪くなります。



このようにオフィス内装を考慮する際には、オフィスの機能性を十分に考慮した上でその配置や配色を考え、実践する必要があります。決して工事費用をかければよいオフィスが出来るというものではなく、むしろ費用をかけることで無駄なものまたは邪魔になるものを作ってしまうこともあります。費用をかけた豪華な内装では、働く人は汚してはいけないなどといった仕事以外の部分に神経をすり減らすことになりかねません。



良いオフィスの条件は、仕事をする場所だという事を十分に意識し、スムーズに仕事が出来る様にすることです。スムーズに仕事が出来る職場で有れば効率が上がり、利益も上げることができます。その為の工事費用は、いわば先行投資といってよいでしょう。

次の記事へ