知っておきたいオフィス移転にかかる予算

オフィスデザインホーム > コラム > 知っておきたいオフィス移転にかかる予算

知っておきたいオフィス移転にかかる予算

オフィス移転の予算は会社の規模や状況によって大きく異なります。

しかも、契約時の初期費用に含まれる賃料の先払いや敷金・礼金・保証金の預け入れ以外にも予想外な出費が考えられます。

そこで、ある程度の目安としてかかる費用の内訳と計算方法について紹介します。

内訳は大きく分けて5つに分けられます。

まずは、内装工事や仕切りの工事についてです。
こちらの工事費用は面積によって変動してきます。
平均で1坪あたり15万円程度と言われています。
工事内容によっては、貸主が指定する業者でないと行えない作業があったり、縛りがあったりする可能性があります。
その場合は、相場よりも費用が高くつく可能性もあるので、注意が必要です。

次にネットワーク工事です。
こちらは有線ネットワークや無線LANの設置に関する工事です。
こちらは社員数や、業務スタイルに因って方針が変わってくるので一概には言えませんが、頭に入れておきたい費用の一つです。

ネットワーク工事に関わる事で二重床にする工事も発生する費用の一つです。
これに掛かる予算は平均で1平米あたり1万円前後です。

次に掛かる費用はオフィス家具の買い替え費です。
オフィス移転をきっかけとして新しい家具の購入を考える経営者の方も少なくないかと思います。
買い替えを考えている場合は、その分の費用も念頭に置かなければなりません。

最後は、引っ越し費用です。
これは単純に引っ越し業者に支払う費用です。
荷物の量や重さによって料金が変動してくるので、引っ越し業者に見積もりを出してもらいましょう。


以上、主な予算について紹介しましたが、その他にも移転の挨拶状や新しい連絡先を入力した名刺の更新、ビジネスレターの送付などなど、オフィス移転には実に様々な費用が発生します。



意外と忘れがちなのは、退出するオフィスの原状回復です。

だいたい1坪あたり3~5万円前後を見ておけば安心ですが、借主が入居当時の状態まで原状回復をする契約が一般的ですので、その状態まで原状回復するとなると預け入れている敷金や保証金よりも費用が高くなることもあります。

ちなみに、敷金や保証金は基本的に解約後1ヶ月から2ヶ月後に返還されますので、新オフィス移転への予算には組み込まないほうが良いでしょう。

また、土日に引っ越しをする場合が多いとは思いますが、休日料金がかかったり専属で警備員を配置しなくてはいけない場合があったりしてさらに費用は跳ね上がります。



オフィス移転をお考えの方は、以上の注意点を踏まえて慎重に予算を組まれることをおすすめします。

次の記事へ