社員のモチベーションを高めるオフィスデザイン

オフィスデザインホーム > コラム > 社員のモチベーションを高めるオフィスデザイン

社員のモチベーションを高めるオフィスデザイン

これまでオフィスデザインというと、デスクやパソコンさえ置いておけば十分だろうという軽い認識でしかありませんでした。

しかし最近のアンケートによると快適に作られたオフィスは社員のモチベーション向上にプラスとなることがわかっており、働きやすい環境づくりへの関心も高まっています。

もちろんこれまでのようにただデスクを並べるだけでもオフィスを作ることはできます。

ですが、そこに一手間加えるだけでより優れた仕事環境を構築できますから、会社にとっては検討すべき価値のある課題といえるでしょう。



モチベーション向上につながるオフィスデザインには様々なものがありますが、まず第一に会社のワークスタイルに合ったコンセプトを考えるところからスタートするようにします。

というのもコンセプトが定まっていないと快適な社内環境を作るのは難しく、かえって社員を混乱させることにもつながりかねないからです。

その上で自社の働き方や必要とする機能について今一度見直し、それを元に求められるデザインコンセプトを考えることが大切です。

コンセプトが決まったなら、次にオフィス内の導線について検討します。

導線とは社員がオフィス内を動く時の流れのことを意味しますが、スムーズにオフィス内を移動することができ、なおかつ歩かずにデスクにいる社員の邪魔をしないように設計しないといけません。

社員が歩くたびに体を避けたり椅子を動かすことのないよう、通路に関しては十分な広さを確保するようにします。

さらにデスク同士が近すぎる場合にも干渉してしまうので、一定の間隔を確保します。

効率的に働くためのスペースづくりに欠かせないのが、リラックスするための空間です。

リラックススペースのある会社は社員が活発に働く傾向があり、新しいアイデアも生まれやすくなります。

デスクに座っている時とは違う空間を演出することで、社員から素晴らしいアイデアを引き出すようにします。

最近注目されているものに、昼寝をするための空間があります。

これも体を休ませることでモチベーションを上げるためのスペースですから、積極的に検討しましょう。



こうしたオフィスデザインには、自社内で検討して構成しても構いませんが、専門の業者に依頼することでも解決してもらうことが可能です。

業者なら多くのオフィスレイアウトを作り上げてきた実績がありますし、クライアントの意見を形にする作業にも慣れています。

社員がいきいきと働くことのできる空間を作るためにも、信頼できる業者を選んで相談するのも一つの方法です。

次の記事へ