メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  スタッフブログブログ一覧 > やっぱり秋は芸術なのか?

スタッフブログブログ

2018.11.15

やっぱり秋は芸術なのか?

スタッフブログ [JB]

こんにちは。フロンティアコンサルティングのJBです。

 

”芸術の秋”とは使い古された表現ですが、秋になると不思議と芸術鑑賞に気が向きます。

 

きわめて個人的な感覚ですが、

夏は暑い中わざわざ混雑したところに行きたくないし、春は暖かさに誘われて外に出かける方を選びたくなります。

冬は・・・あんまり開催されていない気がする(実際はそんなことないと思う)。

 

ということで、やっと暑さから解放され、涼しくて気持ちのいい季節に自然と収まるわけですね。

まぁ、世の中的にも大体こんな理由でやっぱり秋は展覧会をやり易いんじゃないかと、かなり強引ですが勝手な想像をしています。

 

とまあこの程度の意識なので、芸術を語れるほどの知識やセンスは全く持ち合わせていませんが、

ちょっと有名な芸術家だったり、歴史の授業で聞いたような気がする作品の展示があったりすると、

実物はどんなものか見てみようという単なる興味がおもな動機で、ロクな予備知識もないままにフラッと観に行っています。

 

でもそこで口を突いて出てくる感想と言えば、「へぇー」「おぉー」「スゲー」の3語くらいしかなく、いい歳して教養や審美眼のあまりの無さに一抹の哀しさを覚えますが、

それでも自分の目で鑑賞するとやっぱり”本物”が持つ凄みというか、さすがに時代や国境を越えて称賛されてきただけはあるなぁという、

生で見ないと味わえない実感を得ることができるだけでも、何かいい経験をした気分になります。

 

そんな軽薄な考えを巡らせながら、「今週は何をやってるかな?」とちょっとだけ想いを巡らす秋の日です。

普段足が向かない人も、たまに芸術鑑賞してみると何か得るものがあるかもしれませんよ。



ページトップへ