メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  スタッフブログブログ一覧 > 新型コロナウイルスとオフィス内装工事

スタッフブログブログ

2020.06.19

新型コロナウイルスとオフィス内装工事

スタッフブログ [小島]

フロンティアコンサルティング東京本社の小島です。

コロナ自粛が緩和され、経済活動も再開し始め、満員電車も復活してきた今日この頃ですが、
今年の初めには誰もがこのような事態になるとは思わなかったですよね。
私も週1回~2回の出社と在宅でのリモートワークを併用しながら、日々仕事をしています。
 
今回のブログでは、新型コロナウイルスの感染リスクが当社の事業である「オフィス内装工事」に与える影響を考えてみました。
「感染リスクを低くするためには密を避けること」と言われていますが、一定規模以上の工事現場は「密」な環境にあります。
監督も作業員も同じ空間に集まりますし、現場自体が狭い場合や複数人で行わなければ困難な作業がある場合は、「密」は避けられません。
当社の現場においても「マスク着用」「検温」「消毒液の常設」など考え得る基本的な対策は行っておりますが、
「密」を避けられない環境であるため、工事現場は「感染リスク」が高い部類に入るかもしれません。

工事は「感染リスク」が高めというネガティブ要素もありますが、とてもアナログな行為であり、
物理的に根本の部分を変えることができないため、言い換えれば「必要とされ続けるもの」であるとも思います。
工事現場を運営、管理していく当社も感染防止策を徹底し、「With コロナ」「After コロナ」の社会に適応した、
「安心できる現場づくり」を行っていけば、「必要とされ続けるもの」で在り続けることができるのでは、と思った今日この頃です。



ページトップへ