オフィスデザインホーム > コラム > 働き方改革の鍵はオフィス空間?業務改善のためのオフィスづくり

働き方改革の鍵はオフィス空間?業務改善のためのオフィスづくり


働き方改革とは


昨今「働き方改革」という言葉をよく耳にしないでしょうか。
具体的な内容を知っている方はまだ少ないかもしれません。
2019年4月より「働き方改革法」が順次施行されるなど、国も本格的に働き方の改革に乗り出しています。
特に時間外労働について上限規制が設けられるなど、より生産性や効率を重視した働き方を求める動きが活発化しています。
今回は従業員の生産性の向上や、気持ちよく働けるオフィス空間について解説します。

なぜ働き方改革でオフィス空間を重視するか


「働き方改革」が活発化していることは前述しましたが、では従業員の皆さんが働くオフィス空間はなぜ重視されるのでしょうか。

業務効率アップのため


オフィス空間を整備することの目的は単に見た目だけの効果ではなく、機能や設備が取り入れられていることです。
例えばカフェスペースを取り入れることでコミュニケーションが生まれやすくするなど、生産性向上の効果が期待されます。

ワークスタイルの多様化に対応するため


最近テレワークを取り入れている企業が増えてきました。
テレワークとは事業所ではない場所で時間や場所の制限を受けずに仕事をする働き方です。

例えば、在宅での勤務や、サテライトオフィス勤務などが該当します。
テレワークを導入することで、妊娠や育児、介護などの理由で通勤が困難な場合にも勤務することができ、企業側としても優秀な人材を継続的に雇用することができます。

従業員のメンタルヘルスを守るため


従業員のメンタルヘルスについて、厚生労働省がストレスチェックを義務化したことや、時間外労働の上限規制導入などもあり、長時間労働が問題視されている風潮にあります。

様々な企業でオフィス内にリフレッシュスペースを設置して従業員同士の会話、コミュニケーションを活性化させたり、和室のような空間を設けて仕事や休憩ができるようにしたり、仮眠が取れるようにハンモックを用意するなど、ストレスを軽減するような動きが見られます。

機能や設備の揃ったオフィス空間で業務の効率化を


オフィスというのは従業員の大半が日常的に利用する場所です。
特に働くことに対する時間的、場所的な制約を取り払う意味でオフィス空間の作り方はとても重要になります。
国が進める働き方改革実行計画でもテレワークの実現、オフィスのメンタルヘルスは対応すべき点だといわれています。

働き方改革のための有効な空間づくり


それでは各社どのような空間づくりで働き方改革を実現しているのでしょうか。
いくつか事例をご紹介します。

リラックスできる空間の確保


最近ではリフレッシュスペース、リラックススペースのような従業員が自由に休憩できるスペースを設けている企業も増えてきています。
仕事の合間に休憩が取れることで気分転換がしやすく、従業員がより働きやすい空間を作ることで生産性の向上に繋がります。

さらに、リフレッシュスペースを設けることで自然と従業員が集まりやすくなり、コミュニケーションの活性化にも繋がります。
多くの企業で従業員同士のコミュニケーション不足を問題視しており、活性化のための施策の1つとして利用されているケースが多くあります。

集中できる空間の確保


コミュニケーションの活性化させることも企業にとって大事なことですが、仕事に「集中」するという意味合いでは必ずしもプラスになるとは限りません。

例えば、納期の迫った仕事を済ませたいときや、自席では中々集中できないようなときに、集中して取り組める空間に移動ができれば効率を上げることに繋がります。
カフェスペースやリフレッシュスペースで業務を行う場合もありますが、オープンスペースではなく、壁に面した席を設置することや、天井まで覆われたタイプの1人用ブースを設けるなど、視線を遮る工夫をして集中できる環境づくりを行っている企業もあります。

このように、リラックスしてコミュニケーションを取る空間、集中して自分の仕事に没頭できる空間を用意することでメリハリをつけて業務に取り組む空間づくりができます。

オフィスに緑を設置する


従業員のストレスを軽減する施策としてオフィスの緑化に取り組む企業が増えてきています。
単純に社内に観葉植物を置くことも該当しますが、オフィスのデザインに応じて壁一面を植物のツタで覆ったり、天井から吊るしたりすることでオフィス内に緑を増やしているケースがあります。
オフィス内に植物をおいて緑化することで空気をきれいにしたり、目の疲労度を軽減したり、ストレスの軽減効果が期待できます。

まとめ


あらゆる企業が様々な手法でオフィス空間を整備し、働き方改革に取り組んでいます。
特に従業員のオフィスへの満足度が高いことは最も重要な生産性の向上、業務効率の改善に繋がります。
働き方改革の満足度を高めていくため、企業の実施事例や働く人たちの声をよく聞き、有効な施策を展開していきましょう。

次の記事へ

ページトップへ