メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > オフィスデザインのイメージをより明確に伝えるテクニック集

オフィスデザインのイメージをより明確に伝えるテクニック集

オフィスデザインのイメージを伝える

オフィスのデザインやレイアウトは、まさにオフィスの顔といっても過言ではありません。色やデザインが人に与える影響というのは大きく、デザインやレイアウトによって仕事のしやすさや職場の雰囲気も変わると考えられています。

ただ、いくら理想のオフィスデザインのイメージが頭に浮かんでいても、それを明確に伝えられなければ、実現は難しいでしょう。そこで今回は、オフィスデザインのイメージを明確に伝えるテクニックを紹介いたします。

イメージを伝えるときは具体的すぎるくらいがちょうど良い

自身の理想とするオフィスデザインのイメージが抽象的だと、他人に伝えようとしてもうまく伝わりません。最低限「求めているオフィススタイル」や「オフィス内に使いたい色やデザイン」「どのような空間にしたいのか」は具体的に伝えられるようにしておきましょう。

クリエイター側も、先方から具体的な指示があった方が作業効率は上がりますし、仮に先方の理想とする空間にならない部分がある場合でも、具体的な代替案が提示しやすくなるはずです。下記を参考に、ぜひどんな伝え方が良いのかを整理してみましょう。

オフィススタイルの伝え方

オフィスのデザインを伝えるためには、全体的にどのようなオフィススタイルをコンセプトにしたいのかを考えておくのが大切です。

近年は、働き方改革によってさまざまな働き方が推奨され、多様化が進みつつあります。働き方が多様化すれば、オフィススタイルもその多様化に合わせたものである方が良いはずです。

下記に示すのは、それぞれのコンセプトに対して活用できる伝え方の一例です。伝えるときはこちらを踏まえた上で伝えてみると良いでしょう。

自由な空間を演出したい場合

オフィス内における「自由な空間」とは、「どこでも柔軟な働き方ができる」や「個々が抱えている仕事にあった空間が作り出せる」といった認識が含まれています。

したがって従来のような、決められた座席に向かい合って座るような座席・机の配置、部署ごとに部屋がしっかり区切られているようなスタイルは適していません。室内に仕切りがない状態や、カフェのように窓際に向かって座れるスペース、床に直接座って仕事ができるスペースがあるといった構造が、自由な空間と言えるでしょう。

その上で、伝え方として活用できるのは「フリーアドレス」や「ABW」といったワードです。

「フリーアドレス」とは、社員が個々の自席を持たず自由に働く席を選択できるオフィススタイルのことです。いつでもどこでも他部署の人と関わることができる、組織の縦の壁がなくなる、横のつながりが増えるといったメリットが得られます。そのメリットによって普段関わることのなかったメンバーとのコラボレーション企画の誕生などが期待できます。

また「ABW」は「Activity Based Working」の略称で、個々が業務内容にあわせて自分で働く場所を選べる仕組みのことを指します。こちらは、業務内容に合わせたスペースが確保できることから、「作業の効率化」はもちろん、効率化から生み出された余剰から新たなイノベーションの創出がメリットとして期待できると考えられています。

個々の集中力を高められる空間にしたい場合

業種や作業の内容によっては、1人で集中して行いたい場合もあるはずです。ただ従来の企業では、どうしても周りに人がいて電話の声が耳に入ってしまったり、他の人の作業音が気になったりしてしまいがちでした。

たとえ短時間であっても1人で集中できるような空間を造り上げるためには、作業スペースをどのように造るかがカギになります。大まかな土台に関しては、先述した「フリーアドレス」が適用されるのですが、集中力を高めて仕事をしたい場合は、自由な空間にはあまり必要ないと考えられていた「仕切り」をあえて取り入れてもいいかもしれません。

仕切りを作ることで、個室のような空間を作り出せます。また、座席の方角をすべて一方向に統一すれば、人と対面する状況を無くすことができ、集中力が高められる空間を演出できます。

癒やしやリフレッシュできる空間を求めている場合

オフィス内に、自然をイメージしたグリーンやブラウンの要素が散りばめられていると、それだけで癒やしやリフレッシュ感が得られます。もともとグリーンには、「安らぎ」「癒やし」「調和」「安定」が、ブラウンには「ぬくもり」「安らぎ」「安定」「温和」といった雰囲気や感情を想起させる効果があると考えられており、ピリピリしやすいオフィスにはもってこいの色です。

では、実際にそれらの色をどのようにオフィススタイルに組み込んでいくのでしょうか。1つはグリーンパネルの活用です。グリーンパネルとは、人工観葉植物が正方形のパネルの中に敷き詰められたもので、企業の中にはエントランスの背景やオフィス内の壁の一部をグリーンパネルで覆っているところもあります。

また、床を明るめのウッド調で統一したり、芝生調のフローリングにしたりするのも癒やしやリフレッシュの空間としては適しているでしょう。会議室の壁の一部をグリーンパネルで埋めてしまってもいかもしれません。会議室はオフィスの中でも社員がピリピリしやすい場所でもありますから、そういった場所にも配慮したオフィススタイルが構築できれば、より働きやすくなるはずです。

色・デザインの伝え方

オフィスのスタイルとは別に、オフィスのデザインに関するコンセプトもあらかじめ伝えておいた方が良いでしょう。

上述したように、オフィスのデザインはオフィスの顔であり、その色使いやデザインとの調和によって企業の印象は大きく異なります。自身のオフィスないし企業はどのような印象を持たれたいのかを考えたうえで、下記の伝え方のテクニックを活用してみましょう。

落ち着いた雰囲気を出したい場合

前提として、理想の雰囲気を出したいのであれば色を妥協してはいけません。たとえ緑でも、その明度と彩度によって印象がかなり変わるためです。ちなみに明度や彩度を伝えるときは色相環を用いると、具体的なイメージを伝えられるでしょう。

落ち着いた雰囲気を出したい場合は、「レッド」「イエロー」「イエローグリーン」のような暖色系や彩度の高い色は好ましくありません。どちらかというと、「ライトブルー」や「ブルー」といった寒色系や「彩度が低めのブラック」「グレー」のような色を選んだ方が良いでしょう。

ちなみに、これらの色は「白」とうまく組み合わせることでより色が引き立ち、より落ち着いた雰囲気になります。もし、デザインにもこだわりたいのであれば、ブラックやグレーのレンガや石目調を取り入れても良いでしょう。

カジュアルなオフィスにしたい場合

オフィスにおいてある程度の緊張感は大切です。ただ「オフィス内まで緊張感あふれるデザインにする必要はない」「オフィス内だけでもカジュアルで柔らかな感じにしたいもの」と考えている人も少なくないでしょう。

そんなオフィスデザインを求めている方は、なるべく暖色系の色を伝えることをおすすめします。例えば同じ木目調の壁でも、黄色や橙といった暖色系に近い方がカジュアルな雰囲気を演出できます。

デザインに関してカジュアルを目指すのであれば、角の部分が見られない、全体的に丸みを帯びたものに統一させることがポイントです。例えば机1つにしても正方形や長方形ではなく、楕円形、角丸形を用意し、椅子はソファを取り入れてみましょう。また、壁になにかを立てかける場合も、丸みを意識してみてください。柔らかさが増してカジュアルな雰囲気になるはずです。

すっきりしたオフィスに見せたい場合

色やデザインの視点からすっきり感を出したい場合、ホワイトを基調とした方が良いでしょう。

また、仕切りで区切られすぎたオフィス内は、どうしても窮屈に感じてしまいがちです。区切る場合は、なるべく奥が見えるような透明のハイパーティションを取り入れる方がよりすっきりした空間を演出できるでしょう。

シックで重厚感のあるデザインを求める場合

シックで重厚感のある色といえば、ブラウンです。ブラウンを基調にしたデザインを取り入れることで、高級感+落ち着いた雰囲気に変わることでしょう。

ただ、あまり彩度が高く明度が低いブラウンを多用すると、ブラックに近くなり重厚感というよりも威圧感が強くなってしまうかもしれません。そうならないためにも、随所に明るめのブラウンや白を組み合わせてみましょう。

例えばドアやエントランスのテーブルに濃いブラウンを採用するなら、壁紙は白、もしくはメープル調のデザインを用いるといったテクニックが挙げられます。

具体的な伝え方で、理想のオフィスを手に入れよう

オフィス内を一新するからには、「理想のレイアウトやデザインに近づけたい」と思うはずです。ただ、そのためには依頼する側が具体的なイメージをクリエイター側に伝えられなければいけません。単に「すっきりとした空間」や「自由な空間」というニュアンスだけを伝えても、理想のオフィスには近づかないでしょう。

もしいま、イメージがうまく伝えられないと感じている人は、ぜひこの記事を参考に理想のイメージを具現化させてみてください。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ