メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > 目指すは快適で機能的なオフィス空間!オフィスレイアウトマニュアル

目指すは快適で機能的なオフィス空間!オフィスレイアウトマニュアル

オフィスレイアウトマニュアル

オフィスレイアウトは、とても重要。なぜなら、デスクの配置や間隔などが、社員の集中力や快適さを左右し、ひいては、業務効率や生産性にも関わってくるからです。
せっかくオフィスレイアウトを変更するなら、その機会をしっかりと生かして、快適で機能的なオフィス空間を作り、企業の業績アップや課題解決に繋げていきたいところ。
そこで今回は、オフィスレイアウトの変更に携わるご担当者様へ向けて、基本の7つのオフィスレイアウトと、オフィスレイアウトを考える上で考慮すべき点についてご紹介していきます。

基本の7つのオフィスレイアウト

それでは早速、基本の7つのオフィスレイアウトをご紹介していきましょう。各レイアウトについて、そのレイアウトにすることによるメリットや、スペース効率、適した職種も合わせてお伝えしますので、オフィスレイアウトを考える際の参考にしてみてください。

島型(アイランド型/対向式)レイアウト

島型(アイランド型/対向式)レイアウトの事例
島型は、部署やチームごとに、デスクを向かい合わせに配置するレイアウトです。最もメジャーなオフィスレイアウトの一つで、様々な職種のオフィスにて、広く使われています。
同じ業務に携わる社員が対面して業務を行うので、複数人での作業がしやすい、業務に必要なコミュニケーションがとりやすいというメリットがあります。また、オフィス内のどこに、どの部署やチームがいるのかがわかりやすいというのもメリットの一つ。
さらに、デスクとデスクの間隔が比較的少なく済む、電話線や電源タップなどの配線を集中させられる、席替えがしやすいといった、オフィスの運用面でのメリットも多いレイアウトです。

スペース効率:高い
適した職種:ほとんど全ての職種

同向型(並列式/スクール式)レイアウト

同向型(並列式/スクール式)レイアウトの事例
同向型は、学校の教室のように、デスクを同じ方向に向けて配置するレイアウトです。視線が交差しにくいため、プライバシーを確保しやすく、個人の業務に集中できるというメリットがあります。
このレイアウトが適しているのは、フローの決まった作業を黙々とこなしていくような職種や、受付・来客対応の業務を行う職種です。そのため、一般的に、視線が入り口へ向くようにデスクを配置します。
また、効率よく部署全体の様子を把握するため、リーダーのデスクは後方に配置します。指示を出す際は、教師のように、前に立って声をかけると効果的です。

スペース効率:低い
適した職種:コールセンター、銀行員、受付・来客対応のある職種

フリーアドレス式レイアウト

フリーアドレス式レイアウトの事例
フリーアドレス式は、社員の座席を固定せずに、空いているデスクで自由に業務を行えるようにするレイアウトです。デスクの配置は、島型に似ています。
社員は、いつでも自由に座席移動ができるため、気持ちの切り替えがしやすく、また、部署をまたいだコミュニケーションがとりやすいというメリットがあります。
オフィス運用面でもメリットがあり、必ずしも社員全員分のデスクを用意する必要がなく、業務時間中の在席率に応じた席数を用意すれば良いため、営業職など、外出が多くあまり社内にいないという社員が一定数いる場合は、スペース効率を高めることが可能です。
その代わり、フリーアドレス式にするなら、ノートパソコンや無線LAN、個人ロッカーなどを用意する必要があります。

スペース効率:高い
適した職種:営業職、企画職

背面型レイアウト

背面型レイアウトの事例
背面型は、部署やチームごとにブースを作り、その中で、社員同士が背を向け合うように、外向きにデスクを配置するレイアウトです。
背を向けあっているので、プライバシーを確保しやすく、個人の業務に集中することができ、且つ、後ろを振り向くだけで、すぐに部署やチーム内でのコミュニケーションをとることもできます。個人の業務への集中と円滑なコミュニケーションを上手く両立させることができるというのが、このレイアウトのメリットです。
ブースの中央にテーブルを置いて、簡易打ち合わせスペースを作ることも可能です。

スペース効率:低い
適した職種:企画職、開発職

ブース型レイアウト

ブース型レイアウトの事例
ブース型は、デスクの周囲をパーテーションやパネルで囲い、個室空間を作るレイアウトです。視線はもちろん、話し声などの雑音もある程度遮断できるため、最も、個人の作業に集中できるオフィスレイアウトと言えます。
そのため、高い集中力が必要とされる、プログラマーやクリエイティブな職種には向いていますが、密なコミュニケーションが必要な企画職などには、あまり向きません。パーテーションやパネルの高さを調整して、コミュニケーションをとりやすくすることも可能です。

スペース効率:低い
向いている職種:プログラマー、デザイナー、ライター

クラスター型(左右対称型)レイアウト

列ごとにデスクの向き(前後)を変え、且つ、たがい違いにデスクを配置するレイアウトです。
隣の列との間には、パーテーションやパネルを置くため、プライバシーを確保しやすく、個人の業務に集中できます。一方、デスクの前後やパーテーションを挟んだすぐ隣に人がいるため、周囲とのコミュニケーションも比較的とりやすいというメリットもあります。個人の業務スペースを十分に確保できるのも、このレイアウトの特徴です。
隣の列との間に置くパーテーションの高さを調整することで、個室のような空間にしたり、逆にもっとコミュニケーションのとりやすい空間にすることもできます。

スペース効率:低い
適した職種:デザイナー、設計士

オフィスレイアウトを考える上で考慮すべきこと

それは、デスクとデスクの"間隔"とオフィスの"間"です。この2つは、社員がオフィス空間を快適と感じるか否かを左右する要素で、理想的なスペースを確保できなければ、 窮屈に感じてしまいます。

デスクとデスクの"間隔"

デスクとデスクの"間隔"は、デスクに座って作業をするのに必要なスペースと通路のスペースを考慮して確保します。

人が、椅子に座ってデスクで作業を行うには、デスクの後ろに、400mm程度のスペースが必要で、そのさらに後ろに、人が一人通れる800mm程度の通路も必要です。そのため、デスクの後ろには、最低1200mm以上のスペースを確保するのが理想的。
もしも、デスクが背中合わせにレイアウトされている場合には、もう一つのデスクの作業スペースも必要なため、デスクとデスクの間は、最低1600mm以上空けるのが理想的です。

デスクの横に、通路を作る場合には、最低でも人が一人通れる800mm以上のスペースを確保します。
動線を考えた時に、人の往来が多そうな通路は、もっと、幅を広くしましょう。一人が端に避けてすれ違うことができる通路幅は、最低1000mm以上、スムーズにすれ違うことができる通路幅は、最低1350mm以上と言われています。

オフィスの"間"

"間"とは、ものを置いていないスペースのこと。オフィスの約70%を間が占めている状態が標準と言われていて、これ以下の割合になると社員は窮屈に感じ、間の割合が大きくなればなるほど、快適に感じるそう。
オフィスには、デスク以外にも、複合機やキャビネットなどを配置します。そのため、こういったものを含めて、間が70%以上になるようにオフィスレイアウトを考える必要があります。

オフィスレイアウトの変更は、失敗できない大イベント! 必ず、専門の業者に相談しましょう

オフィスレイアウトの変更は、そう滅多に行うものではありません。一度変更を行うと、少なくとも数年は、そのオフィスレイアウトで業務を行うことになりますので、もちろん、失敗できません。

オフィスの快適さや機能性を向上し、社員の業務効率や生産性を上げて、企業の業績アップや経営課題の解決に繋げるようなオフィスレイアウトを作成するには、やはり、オフィスレイアウトに対する深い知識や経験が必要不可欠です。
ですから、オフィスレイアウトを変更する際には、必ず、オフィスデザインや内装工事レイアウト設計の専門業者に相談をしましょう。

弊社、フロンティアコンサルティングなら、経験豊富な専門スタッフにより、貴社の業績アップや経営課題の解決に最適なオフィスレイアウトをご提案することができます。
また、レイアウトの作成から内装工事、デスクの配置変更まで、オフィスレイアウトの変更に必要なソリューションを一社完結でご提供します。

貴社のオフィスレイアウトを変更する際には、ぜひ、フロンティアコンサルティングにご相談ください。

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ