中国進出

オフィスデザインホーム >  中国進出

Office Advance into China

中国への進出、オフィス開設、中国国内でのオフィス移転なら
フロンティアコンサルティング

専門の知識を所有した中国スタッフチームが、豊富な実績を元にサポートいたします

  • Schedule

    スケジュール管理

  • Check

    コスト管理と調整

  • Communication

    コミュニケーションの
    円滑化

中国への進出や中
国国内へのオフィス開設について
こんなお悩みはありませんか?

  • Ploblem 1

    現地担当者との
    コミュニケーションに不安がある

  • Ploblem 2

    コスト感がわからない
    オフィス家具や必要設備等が問題なく調達できるか

  • Ploblem 3

    中国にフィットした
    オフィスができるのか

フロンティアコンサルティングなら、日本クオリティを保ちつつ
細かなニュアンスやマーケットの違いを織り込んだ計画を実現します。
一括御依頼で安心。面倒な打合せや御出張の手間・コストがなくなり、スムーズな業務開始を実現します

Strength/ フロンティアコンサルティングの強み

弊社中国人スタッフと日本人スタッフによるサポート業務

専門的な知識を有する専門スタッフがオフィス計画をお手伝いします。細やかなニュアンスやマーケットの習慣を丁寧に説明いたします。

市場の特性や、法規的な点、またビル独自のルール等、オフィスを構築する際に多くの決まり事や提出書類が発生します。
日本人スタッフとの連携を図り、中国語・日本語に対応しクオリティー高いサービスを提供させていただきます。
中国語/日本語でのコミュニケーション、またそれぞれの国の言語による資料にて経験豊かなスタッフがプロジェクトを進めて参ります。

お客様とのコミュニケーション以外にも、多くの関係者の調整が必要になります。その際には、中国人担当者と現地日本人スタッフが連携してプロジェクトを進めて参ります。

中国から日本への進出もお任せ下さい

中国から日本へのオフィス開設・日本国内でのオフィス移転、オフィス設計、オフィスデザインはフロンティアコンサルティングへご相談ください。
弊社では専門知識を有した中国人・日本人スタッフチームが、中国語・日本語を通してお客様のお手伝いをさせていただきます。
細かいニュアンスが伝わらない、スケジュール調整ができないなど、文化や習慣の違いから丁寧に説明させていただきます。
豊富な実績をもとに、お客様の問題解決のサポートを行います。安心して、対応をお任せください。

Flow/ サービスフロー・対応可能地域

オフィス計画からお引越しまで、オフィスづくりに必要な事は全てお任せください。大規模なオフィス構築プロジェクトも小規模なスタートアップオフィスも、日本国内でも中国国内でも、お客様のニーズに合わせて対応可能です。大規模から小規模のオフィス開設・オフィス移転まで対応させていただきます。
※オフィスの開設計画の内容・規模により、期間とフェーズが異なります。

Phase 1

進出・移転前ヒアリング

全体の計画のヒアリングをさせて頂きます。いつまでに、どのようなオフィスで、どういった人員構成で新オフィスを計画されているのか、現地での経験を交えながらお打合せをさせて頂きます。
全体のコンセプトやスケジュールを計画する大切なフェーズです。

Phase 2

オフィス物件探し

現地マーケットのレポートを行い、お客様のご希望面積、ご予算、周辺環境等の調査踏まえて、複数物件を提出させて頂きます。また、契約形態や賃金シミュレーションを行いベストな物件探しをお手伝いさせて頂きます。必要であれば候補物件の内覧を実施し、契約締結までサポート致します。

Phase 3

レイアウト・内装プラン

お客様の求める働き方や、会社のブランディングについてヒアリングを行い、基本レイアウトプランとデザインプランを提出致し繰り返し打合せを行います。全体予算の把握を行いながら、お客様にとってベストなオフィスプランニングを行います。(レイアウト図面・デザインパース提出)

Phase 4

家具・オフィス用品選定

オフィスに必要なICTツールや、オフィス家具についてご提案させて頂きます。複数のメーカーの中から、品質・デザイン・コスト面を考慮し最適な家具やOA機器をご案内させて頂きます。 全体予算に大きく係わる項目であり、業務上必要なITツールを決めて行くフェーズになります。

Phase 5

内装工事

あらゆる項目を決め、各契約を完了させると、次は着工のフェーズになります。着工前工事業者キックオフや現場定例会を実施して工程の管理やスケジュールの管理、クオリティのチェックを弊社専門スタッフが実施致します。お客様へは週報・レポートにて随時ご報告致します。

Phase 6

引っ越し

工事竣工すると実際の引っ越し作業になります。新規の納品物や持ち込む荷物等、引っ越し当日の現場管理まで行います。お客様が現場にご確認頂く際には新オフィスが完成している状態になります。
最終確認を行って頂き、業務完了となります。

対応可能地域

業務内容

日本国内全域 /
上海周辺地域・北京・大連

  • オフィス計画
  • PM・CM業務
  • ITソリューション

日本国内全域 /
上海周辺地域

  • オフィス仲介
  • 原状回復工事
  • ビル改修・リニューアル

Case/ 中国へのオフィス移転の事例

  • Trip.com様

    坪数:約180坪
    業種:インターネットやモバイルアプリを通じた各種旅行サービスの提供

    日本的な繊細な納まりや、和柄のデザインシートなどで構成した「Entrance」と、活気を感じさせるカラフルな家具と自然調の素材を使用した「Common Space」との対比は、来客者様にTrip.com様の自由さ・面白みを感じて頂けるデザインとなっています。

  • 百利達(上海)商貿有限公司(TANITA)様

    坪数:約60坪
    業種:家庭用・業務用計量器(体組成計、ヘルスメーター、クッキングスケール、活動量計、歩数計、塩分計、血圧計、睡眠計、タイマー、温湿度計)などの製造・販売

    現状オフィスの老朽化とショールームの新設を目的としたフルリノベーション案件。
    20年近く前に購入されたオフィスのため、一旦スケルトン状態まで解体を行い、空調・電源などの設備から内装まで一新しました。

  • istyle China Co.,Ltd様

    坪数:約160坪
    業種:越境EC(Cross Boarder E-Commerce)事業、チャネル卸販売事業、メディア事業、マーケティング/支援事業、進出支援事業

    美容の情報サイト@cosmeを運営されているistyle China様らしさを来客者様に伝えるオフィスに。
    取り扱っている化粧品の様に、花や植栽、働く社員様達を色鮮やかに引き立てる空間として、「白」と「明るい木目」を基調にデザインしております。

QandA/ よくあるご質問

オフィス開設の際に、日本と同じように消防署などへの申請書類はありますか?

あります。
オフィスの開設や移転では、工事が発生すれば消防届出とは別に、規模によっては品質安全管理検査などが発生します。

イスやデスクなどのオフィス家具等の手配もお願いできますか?

可能です。
進出している日本家具メーカー様の製品はもちろん、ローカルメーカーとの取引も多数ありますのでご提案させて頂きます。

50坪程度のオフィスを開設したいのですが、どれくらいの期間が必要ですか?

一般的なオフィス新設であれば計画から最短で3カ月程度必要です。
ただし、ビル規定のルールや管理局への確認は、必要となります。

中国への進出ですが、言葉が全く分からないのですがどのようにオフィス開設のサポートして頂けますか?

日本でオフィス開設・オフィス移転の経験を積んだ弊社中国人スタッフが対応致しますので、言葉は問題ございません。
またレポート(報告書)も日本語で行います。

企業の中国進出、中国国内でのオフィス移転はフロンティアコンサルティングへご相談下さい。豊富な実績を基に、専門の知識を有した中国スタッフチームが
中国語・日本語を通して御客様の問題解決のサポートを⾏います。



ページトップへ