新着情報/What's New

What's New

新着情報

オフィスデザインホーム >  新着情報 > 「キャリアディスカバリーフォーラム2019」 にパートナー企業として参加 -国内ブースセッションテーマは、『オフィスと働き方の研究で、人生の10万時間を豊かにしよう!』-

2019.06.10

「キャリアディスカバリーフォーラム2019」 にパートナー企業として参加 -国内ブースセッションテーマは、『オフィスと働き方の研究で、人生の10万時間を豊かにしよう!』-

 株式会社フロンティアコンサルティング(住所:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木真志、以下当社)は、6月22日にベルサール新宿グランドコンファレンスセンター(東京都新宿区)にて、株式会社リバネス(住所:東京都新宿区、代表取締役グループCEO:丸幸弘)が主催する「キャリアディスカバリーフォーラム2019」(以下CDF)にパートナー企業として参加します。
 『オフィスと働き方の研究で、人生の10万時間を豊かにしよう!』をテーマに、日本人参加者向け国内ブースを設けます。また、外国人留学生向けワールドフォーラムブースにて、『Get more creative by researching office environment and work style.』(オフィスと働き方を研究して、クリエイティビティを高めよう!)と題したセッションを企画。1回あたり30分のセッションを計10回(国内6回、ワールドフォーラム4回)設け、当社は研究に従事する多様な人材と、参加者は潜在する研究テーマ発掘と社会貢献できる場所と出会い、テーマに沿ったコミュニケーションを通して相互理解を深めます。さらに、本イベントの掉尾を飾るワークセッション(ワールドフォーラム)では、120分にわたって『How would you design creative research environment? ~compare work styles of the world~』(どうやってクリエイティブな研究環境をデザインする?〜世界の働き方を比べてみよう〜)をテーマに、各人の持つ知見を活かした深度ある議論を積み上げ、企業と参加者の今後の連携を念頭に置いた未来志向のアイディアを磨き上げます。
 2017年より開催されるCDFは、従来の「会社紹介」「研究者紹介」といった採用スキームではなく、企業と専門性・研究的思考を持った人材が互いに触発しあい社会課題の解決に向けた連携機会を促す場です。第一線で活躍する研究者を招いたパネルセッション・企業ブース(国内/ワールド)・企業と参加者が双方向で進めるワークセッション(国内/ワールド)で構成。昨年は学生・若手研究者を中心に203名、規模の大小に関わらず32企業が参加して<これから挑戦したい問い>を互いにぶつけ合い、社会の課題を解決する<きっかけ>を得ました。

■「キャリアディスカバリーフォーラム2019」
場所ベルサール新宿グランドコンファレンスセンター(東京都新宿区西新宿8-17-1)
時間 2019月6月22日(土)9時00分から19時30分まで
*18時00分から19時30分は懇親会
公式サイト https://cdf.lne.st/

(1)国内ブースセッション
テーマ 『オフィスと働き方の研究で、人生の10万時間を豊かにしよう!』
当社参加者 稲田晋司(設計デザイン部 執行役員 / Frontier Consulting America, Inc. CEO)
備考1回30分×6回

(2)ワールドフォーラムブースセッション
テーマ 『オフィスと働き方を研究して、クリエイティビティを高めよう!』
(Get more creative by researching office environment and work style.)
当社参加者 生駒一将(営業推進部 IRE担当)
備考1回30分×4回

(3)ワールドフォーラムワークセッション
テーマ 『どうやってクリエイティブな研究環境をデザインする?〜世界の働き方を比べてみよう〜』
(How would you design creative research environment ? ~compare work styles of the world~)
当社参加者 稲田晋司(設計デザイン部 執行役員 / Frontier Consulting America, Inc. CEO)
備考120分

ページトップへ