新着情報/What's New

What's New

新着情報

オフィスデザインホーム >  新着情報 > 「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」に当社執行役員 稲田晋司が登壇 -セッションテーマは『tonari:離れた場所につながる開かれた扉~二つの空間をつなげて実現する、未来の職場と教室~』

2019.11.19

「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」に当社執行役員 稲田晋司が登壇 -セッションテーマは『tonari:離れた場所につながる開かれた扉~二つの空間をつなげて実現する、未来の職場と教室~』

株式会社フロンティアコンサルティング(住所:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木真志、以下当社)の執行役員 稲田晋司(設計デザイン部長/ Frontier Consulting America, Inc. CEO)は、公益財団法人日本財団(住所:東京都港区、会長:笹川陽平)主催の「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」にパネラーとして登壇します。

稲田は、設計デザイン部門の責任者を務める一方、アメリカ支社より西海岸を中心に収集した海外オフィスの最新トレンドやオフィステック、ワークカルチャーなどオフィスにまつわる広範な情報をオウンドメディア『Worker’s Resort』(https://www.workersresort.com)から発信しており、働き方についての議論が活発化する現在、第3者オピニオンとして注視されます。本セッションでは「tonari:離れた場所につながる開かれた扉~二つの空間をつなげて実現する、未来の職場と教室~」をテーマに、一級建築士として様々なオフィスデザインを手掛けてきた知見を活かし、「tonari」が具現化する場所に依存しないシームレスな繋がりから始まる未来のオフィスや家といったコミュニティスペース、物理的弊害により格差が懸念される離島などにおける働き方や教育を見据えた都市計画の展望について語ります。

「日本財団ソーシャルイノベーションフォーラム」は、日本財団が2016年より毎年開催するフォーラムでこれまでにのべ1万人が参加。〈より良い社会〉〈明るい日本のビジョン〉に想いを持つ業界を超えた人々集い対話、行動するための「ハブ」としての機能を担います。

■登壇パネルセッション概要
【テーマ】
『tonari:離れた場所につながる開かれた扉~二つの空間をつなげて実現する、未来の職場と教室~』
*内容は都合により一部変更になる場合があります。

【日時】
11月29日 15時30分~16時15分

【場所】
東京国際フォーラム ホールB7(東京都千代田区丸の内3丁目5番1号)

【チケット】
一般、3日間通し券:3,000円
一般、1日券:1,000円
学割、3日間通し券:1,000円

【公式サイト】
https://www.social-innovation.jp/

【登壇者】
川口良 氏 (一般社団法人tonari 代表理事)
浅田慎二 氏(セールスフォースベンチャーズ 日本代表)
藤村聡 氏 (一般社団法人LivingAnywhere 事務局長)
稲田晋司 (当社 執行役員 設計デザイン部長 / Frontier Consulting America, Inc. CEO)

ページトップへ