メールアイコン

新着情報/What's New

What's New

新着情報

オフィスデザインホーム >  新着情報 > 10月14日、北海道の産官学連携コンベンションNoMapsに当社執行役員 稲田晋司が登壇
-カンファレンステーマは、『いま必要な「働くための空間」を考える~オフィスの役割と会社の質的変化~』-

2020.10.05

10月14日、北海道の産官学連携コンベンションNoMapsに当社執行役員 稲田晋司が登壇
-カンファレンステーマは、『いま必要な「働くための空間」を考える~オフィスの役割と会社の質的変化~』-

株式会社フロンティアコンサルティング(住所:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木真志、以下当社)の稲田晋司(執行役員/ワークデザイン研究開発部 部長)は、北海道の産官学が連携して運営するコンベンションNoMaps主催のオンラインカンファレンス『いま必要な「働くための空間」を考える~オフィスの役割と会社の質的変化~』にスピーカーとして登壇します。

稲田は、長年設計デザイン部門の責任者を務める傍ら、アメリカ支社よりオフィスの最新トレンドやオフィステック、ワークカルチャーなど広範な情報をオウンドメディア『Worker’s Resort』から発信してきましたが、コミュニケーション調査などワークプレイスに関する実証実験や、地方における事業創発といった〈働く〉について深化を図るワークデザイン研究開発部を創設、〈働き方改革〉で議論が活発化する現在、第3者オピニオンとして注視されます。

新型コロナウイルス感染拡大を機に在宅勤務といった働き方の選択肢は急速に拡大しましたが、就労環境や同僚とのコミュニケーションといった〈働く場所〉の課題を入口に、評価や雇用形態など〈働き方〉についても沢山の気づきがありました。カンファレンスではオフィス自体の価値転換期にあたり、未来のワークプレイスや働き方について考えるきっかけの提供を目指します。

なお、NoMapsは10月14日より5日間をメイン会期に、北海道および所縁ある民間企業、札幌市、北海道大学など産学官の連携のもと、カンファレンスやイベント、交流を通じて北海道を舞台とした新しい価値観の創出を目指す取り組みです。

■登壇概要
【テーマ】
『いま必要な「働くための空間」を考える~オフィスの役割と会社の質的変化~』
*内容は都合により一部変更になる場合があります。

【スピーカー】
稲田晋司(当社 執行役員/ワークデザイン研究開発部 部長)
山下正太郎氏(コクヨ株式会社 ワークスタイル研究所 所長/WORKSIGHT 編集長)

【モデレーター】
前田章博氏(ビットスター株式会社 代表取締役/さくらインターネット株式会社 取締役)

【日時】
10月14日 15時00分~15時50分

【場所】
オンライン配信(NoMaps YouTubeチャンネル チャンネルB)

【公式サイト】
https://no-maps.jp



ページトップへ