メールアイコン

新着情報/What's New

What's New

新着情報

オフィスデザインホーム >  新着情報 > 手元資金〈ゼロ〉でオフィス環境を整備できるサービス「Office O Three」を開始
– 新常態で生まれる〈働き方〉ニーズに柔軟に応えるオフィスへのアップデートが可能 –

2020.12.11

手元資金〈ゼロ〉でオフィス環境を整備できるサービス「Office O Three」を開始
– 新常態で生まれる〈働き方〉ニーズに柔軟に応えるオフィスへのアップデートが可能 –

株式会社フロンティアコンサルティング(本社:東京都中央区、代表取締役社長:佐々木 真志、以下当社)は、株式会社日本商業不動産保証(本社:東京都港区、代表取締役社長:豊岡 順也、以下日商保)と提携し、手元資金〈ゼロ〉でオフィス環境を整備できるサービス「Office O Three」(オフィス・オー・スリー)を開始します。

本サービスは、敷金の最大半額返還を可能とする日商保のサービス「敷金半額くん」を利用して得た資金を用いて、成長フェーズ初期の企業などが抱えるオフィスへの投資不足を補います。当社は、ワークプレイスに特化して手掛けてきたオフィスコンサルティングファームの知見を土台に、国内外の働き方を追い続けるR&D部門が収集・考察を重ねた最新情報を加味した、新常態で生まれる〈働き方〉ニーズに柔軟に応えるオフィスへのアップデートを提供します。

新型コロナウイルス感染拡大を機に在宅勤務といった〈働き方〉の選択肢は急速に広まり多様性を増しました。〈働く場所〉においても、ソーシャルディスタンスを担保するための「デスクの背面対向式配置による飛沫防止」「ウイルス対策に有効な光触媒による抗菌コーティング」といった感染症対策に止まらず、テレワークに起因する「出社人数と必要面積の適正化」「オンライン会議用の個室スペースの拡充」などオフィス環境の整備は存在感を増し、経営判断として意識する機運は高まります。

当社は日商保とのシナジーを生かした本サービスを通して、これから迎えるニューノーマル時代のオフィス環境への気づきと再構築を支援します。



ページトップへ