フロンティアコンサルティング採用サイト

MENU 募集要項・
エントリー
TOPTOP

仲間を知る

ビルリノベーション営業 新卒男性

2014年新卒入社
福井 康平

資産価値を向上させる、
課題解決型オフィスビルリノベーション。

テナント空室率を下げる
オフィスビルリノベーションの提案。

大学在学中から「ものづくり」に対する興味があり、冊子づくりをしていた流れで、就職活動初期は広告業界を志望。多くの企業を見ていく中で建築業界にも視野が広がり、フロンティアコンサルティングに出会いました。すごく面白そうな仕事だと思いましたが、何を基準に決めればいいかわからず、本当にこの会社でいいのかすごく悩みました。でもその気持ちを後押ししたのが、「誰と働きたいか」ということ。他社と違って、フロンティアコンサルティングは私がどんな人間なのかを知ろうとしてくれて、色んな先輩社員と接点をもたせてくれました。そこから、「この人達と一緒に働きたい」という気持ちが生まれ、入社を決意しました。今私は、ビルのオーナー様や不動産管理会社に対して、ビルのリノベーションや、オフィスの原状回復を提案しています。古いビルはテナント空室率が上がってしまうので、リノベーションでそのビル自体の資産価値を向上させるんです。  目の前で内装が仕上がっていく様子が見られて、施工前後でも劇的な変化があるこの仕事は、自分にとって本当に天職だと感じています。

対等に話すための知識と、
コミュニケーション力を武器に。

リノベーションの仕事で関わる人は、お客様、社内スタッフ、職人さんなど、様々。営業活動だけではなく、工事立会などの現場管理業務も行うのですが、社内外での打ち合わせが多く、自分の意見やお客様の要望をきちんと相手に伝える必要があります。社内スタッフはまだしも、現場の職人さんたちは自分より一回り以上年上の人が多く、正直最初は怖かったです(笑)。でもそのままでは仕事がうまくいかないので、とにかく知識を身につけ、自分より経験のある人達とも対等に話せるよう努力しました。また、相手を立てながら接することで懐に入っていけるようになり、そこからはお互い気持ちよく仕事ができるコミュニケーションがとれるようになりました。

プラスアルファの提案と臨機応変な現場管理で、
お客様を笑顔にする。

最近よく感じる営業の面白さは、お客様からの要望を鵜呑みにするのではなく、プラスアルファの提案ができるということ。押し売りではなく、お客様が喜んでくれる提案をして、それが採用された時はやはり嬉しいですね。ずっとものづくりをしたいと思っていたので、「自分が手がけた」と胸を張って言えるビルがたくさんあることが、大きなやりがいだと感じています。一方、現場管理業務にも別の面白さがあり、それはライブ感があるところ。一辺倒ではなく、その日、その時の現場の進捗状況に応じ、指示を変えています。その指示の出し方で、たとえば工事が繰り上がり工期短縮につながる場合もあるので、そうなると職人さんからもお客様からも喜んでもらえるんです。

仲間を知る