V I E W

働く人

PEOPLE

オフィスビルの改修に、「そもそも何を作るべきか」から向き合う

BSC事業部 / チーム長

柴田暁

PROFILE

営業職を希望して2015年に新卒入社。ビルオーナーに対して、オフィスビルのリニューアル提案を行うBSC事業部に配属。「有言実行」をモットーに経験と実績を積み、入社4年目には全社売上一位を達成。その後はチーム内で新人へのメンター役を経験し、2022年からはチーム長としてマネジメント業務も行っている。

BSC事業部の業務について教えてください。

BSC事業部では、オフィスビルの資産価値を上げることを目的としたビルのリニューアル提案や、サードプレイスと呼ばれるコワーキングスペース・シェアオフィス・レンタルオフィス構築の提案を主業務としています。部門が立ち上がった初期は原状回復工事や小修繕工事を主に扱っていましたが、近年ではデザイン段階からの提案や、リーシングまでを視野に入れた提案も増えました。前者では設計デザイン部と、後者では不動産仲介を担当するSOI事業部と連携しながら進めています。フロンティアコンサルティングにはBSCのほかに、前述したSOI、そしてワークプレイス構築の提案を行うWPSといった3つの営業部署があります。その中でもBSCはビルオーナーをお客様とする点、ビル全体の案件となることから工事規模が突出して大きいという点が特徴として挙げられます。

BSC事業部ならではのやりがいとはどのようなものですか?

先述した部署の特徴とも重なりますが、BSC事業部にとってのお客様はビルオーナーの方々であり、案件はビル全体に関わるものとなります。それはつまり、いただいた課題に対する答え、提案する内容がオフィス改修に限らないということです。近年上がり続けているオフィスビルの空室率は、コロナ禍によってより深刻なものとなりました。そうした空室を「どんなオフィスに改修するか」ではなく、「そもそも何を作るべきか」から考えられるということ。サードプレイスという新たな働く場所もある今、それら多くの選択肢の中から最適な改修内容を提案し、お客様の期待にこたえること。その結果、ビル全体の改修という大規模な案件に携われることが、BSC事業部ならではの楽しさ、やりがいと言えるものではないでしょうか。わたしも入社3年目に経験した、約1年に及ぶ大規模工事のことは今でも覚えています。

フロンティアコンサルティングにはどんな企業文化があると感じていますか?

一人ひとりの成長したい気持ちを汲んでくれ、若くてまだそこまで経験がなかったとしても、やる気があれば活躍の機会を与えてくれるという社風が企業文化として感じられます。学生時代に採用選考のインターンでそうした社風を感じ、「若手のうちから責任感のある仕事に携わって、営業として成長していきたい」という意気込みを持って入社したわたし自身、おかげで入社4年目に全社売上一位を達成することができました。BSC事業部のチーム長としてメンバーをマネジメントする立場になった今も、若手が「やりたい」と言ってくれた時には、なるべく意欲的に働けるようサポートしています。もちろん、時には経験豊かなメンバーにバックアップしてもらうことで負荷がかからないようにしていますが、そうした風通しの良い環境こそ、チーム全体の経験値を底上げしてくれるものだと思っています。

BSC事業部にどんな将来性を感じていますか?

リニューアルによってビルの資産価値を再構築するというBSC事業部の業務は、その範囲をオフィスビル内の1フロアからビル一棟までとするものですが、そこで生み出される価値はそのビルが建つ周辺エリアにまで影響を与えられるものだと思っています。わたし個人の目標ではありますが、今後はそうした意識を持って、街との結びつきまでを考えた提案を行っていきたいですね。長い歴史を刻んだビルがますます増えていくこれからの市場において、それらを取り壊してすべて作り替えてしまう再開発だけが不動産の価値を高める方法ではないはずです。

CREATING A NEW WORK STAGE.

働く場所をより複合的で、新たな価値のあるものに

当社では今年行ったリブランディングに伴い、これまでのスローガン「未来を拓ける、オフィスがいい。」を刷新し、新たにパーパスを「働く人と働く場所の未来をつくる」、スローガンを「CREATING A NEW WORK STAGE.」としました。そこからは「オフィス」という言葉がなくなり、「ワークステージ」という言葉が代わりに使われています。これから先、わたしたちがお客様に提案する働く場所も、この「ワークステージ」のようにより複合的な、そして新たな価値を提供できるものでなくてはいけないでしょう。

OTHER PEOPLE

BACK TO ALL

JOBS

新たな〈ワークステージ〉の創造。その担い手となる人材を募集

働き方が多様化し、多くの企業が旧来的なオフィスのあり方を見つめ直している今、新たな〈ワークステージ〉の創造はこれまで以上に必要なものとなりました。働く人々がより輝く〈環境と機会〉を提供するために。フロンティアコンサルティングでは、その担い手となっていっしょに働いてくれる人材を広く求めています。奮ってご応募ください。