V I E W

働く人

PEOPLE

現場管理の枠を超えたコンストラクション・マネジメントを目指して

CM部 / チーム長

高田春奈

PROFILE

2016年の新卒入社後、施⼯管理を担当するCM部に配属。リーダーを経て2021年よりチーム長を務め、2022年1月に行われたフロンティアコンサルティングの本社移転の際も施工管理を担当。社内の働き方改革プロジェクト「Fit」のメンバーとしても活動している。2022年には一級建築施工管理技士の資格を取得した。

CM部の業務について教えてください。

フロンティアコンサルティングが請け負っているオフィス移転などのプロジェクトにおいて、工事の見積作成、原価管理、施工会社の調整、工程表の作成から、現場の品質管理までを担当する部門です。一般的に施工管理と聞くと、工事現場の管理を主業務としているイメージがあるかもしれません。しかし、わたしたちは実際の工事が始まる前の段階から営業部や設計デザイン部といった、社内の他部門と連携したチームに参加することがほとんどです。そうすることでコンセプトやお客様の要望、こだわりをしっかり共有することができ、建築物としてのワークプレイスのクオリティーをより高められると考えます。また、各種の工事手配や、工事に係る申請などを遅延なく計画していくためにもプロジェクトの初期段階から参加し全体スケジュールを把握することは重要だと思います。「プロジェクト全体を支える」といった、どこか営業的なスタンスを持っているのもCM部の特徴と言えます。現場に行くだけが仕事ではない、ということですね。普段はプロジェクト毎に組まれるこうしたチームのメンバーとして常時10件ほどの案件を同時に進めながら、年間で30〜40件ほどの施工管理に携わっています。全国すべての拠点にCM部はありますが、わたしがいる東京本社はその中で最も人数が多く、メンバーの約半数がここで働いています。

チーム長として、どんなことを意識して仕事していますか?

未経験の方が入社されても問題なく成長できるよう、チームとしてバックアップ体制を整えておくことは意識しています。わたしも新卒入社で経験を積み始め、2022年に一級建築施工管理技士の資格を取得できたことで、より大規模な案件にも携われるようになりました。当社では建築業に関係する資格を取得することで月5万円(一級建築施工管理技士)の資格手当が支給される制度や、参考書の購入や講座の受講を補助する学習支援制度もあります。チームメンバーやこれから入社される方々にも資格の取得が業務の拡大ややりがいにも繋がることを伝え、それぞれの成長を促していきたいです。そのほかにも、CM部にとってより良い体制構築となるものであれば、上司と話し合いながら何でも実践していこうと思っています。フロンティアコンサルティングは進化し続ける会社ですから、わたしもチーム長として形式的に考え過ぎず、何事も試行錯誤していきたいです。

フロンティアコンサルティングはどんな企業文化を持った会社だと感じますか?

フロンティアコンサルティングは年々成長している会社です。社員も年齢性別問わず色々な人がいて風通しが良く、みんな生き生きとしています。それに体育会系の人がいないことも特徴ですね(笑)。組織として凝り固まっていないので、世の中の変化にも柔軟に対応していくことができ、そういった文化を一人ひとりからも感じます。わたしがCM部の仕事の他に社内で関わっている、「Fit」という働き方改革プロジェクトもこうした社風を反映したものだと思っています。「Fit」は各部門から代表者一名が参加して運営され、「会社の視点」で業務改善に繋がる働き方をみんなで検討したり、社内の問題解決にあたるプロジェクトとして発足されました。問題解決とは言っても、例えば当社のオフィス移転時に「次のワークプレイスはどう使うと働きやすくなるのか?」などをみんなで楽しく考えています。

多様化する働き方について、どのように感じていますか?

会社の制度としてハイブリッドワークが導入され、その日の働く場所や働く時間を適宜選択できるようになったことで、チームのみんなも以前より働きやすくなったと思います。こうした新しい働き方がもたらす良さとは、身体的な面で言えば、ウェブ会議を選択できるようになったことで時間効率が上がったこと。精神的な面で言えば、在宅で働くことで気持ち的に少しゆっくりできるようになったことなどではないでしょうか。その一方で、若手社員にとっては社内でのコミュニケーションが深めきれないという難しさもあるように感じます。フランクなコミュニケーションの場で相手の人間性を理解するのも、社員同士の距離感を近づけるためには大切なことです。新たな働き方と同時に生まれるこうした新たな問題についても、きちんと考えていくことは非常に重要だと思います。

CREATING A NEW WORK STAGE.

これまで以上に広い視野で情報を集めて

これからのワークプレイスは、一人ひとりがより自由度高く自分にとっての働き方を選べる場所になっていくでしょう。目まぐるしく変化し、働き方が多様化する時代の中で、わたしたちはたくさんの選択肢からそれらのメリット・デメリットを検討し、良いものを世に伝えていく必要があります。そのためには情報がこれまで以上に大切なものとなりますから、わたし自身も、時代・分野に囚われず、広い視野で情報を集め、ベストなワークプレイス構築に貢献していきたいと思います。

OTHER PEOPLE

BACK TO ALL

JOBS

新たな〈ワークステージ〉の創造。その担い手となる人材を募集

働き方が多様化し、多くの企業が旧来的なオフィスのあり方を見つめ直している今、新たな〈ワークステージ〉の創造はこれまで以上に必要なものとなりました。働く人々がより輝く〈環境と機会〉を提供するために。フロンティアコンサルティングでは、その担い手となっていっしょに働いてくれる人材を広く求めています。奮ってご応募ください。