ブログ/Blog

Blog

ブログ

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2015.10.05

健康オフィス

コンサルティング [笹]

年齢を重なるのも早いもので

もう直ぐ40代に差し掛かろうとしている佐々木です。

 

題名の健康というキーワードですが、

年齢的に気になりつつも、

最近はオフィスにも健康になる・健康を意識する仕掛けが流行ってきており、

その中の仕掛けを2点ほどご紹介したいと思います。

 

①照明による体調管理

朝の光を浴びることで体内時計のリズムを正常に戻すと言われています。

近年、このメカニズムが「コルチゾール」「メラトニン」というホルモンの働きによ るものだと明らかになったようです。

この2つのホルモンを自然な状態で働かせることが、本来の人間の正常なバイオリズムだと言えるでしょう。

そのバイオリズムに合わせて時間帯ごとに明るさが変わる照明を用いる事により、

・ホルモンバランスが整えらる

・人工的な光りへのストレスが軽減する

ことができ、より健康的なオフィスを構築する事が出来ます。

写真①

 

 

②アロマによるインフルエンザ対策

アロマは古代から存在し、生活の中で様々な役割を得ていました。

17世紀にペストが大流行した南フランスでは、

香料を扱う商人は伝染病にかからなかったというエピソードがあります。

また、コアラが食べることでもおなじみのユーカリから抽出したオイルはアボリジニの万能薬としても使用されています。

天然の植物から抽出されるエッセンシャルオイルの効果として知られるのが、

その成分に含まれる“シオネール”や“ビネン”が持つ「抗菌・抗ウイルス作用」。

ユーカリやローズマリー、タイムなどのオイルには、こうした成分が多く含まれ、

オイルを使用することで空気環境の改善や感染予防につながると考えられています。

実際に、ユーカリを使った芳香拡散による抗インフルエンザ作用に関する実験も行われており、

手軽に行える日常的な健康法として注目を集めています。

写真②

 

 

の光に関しては単純に自然光をしっかり取り入れる事でも健康に繋がりますね。

他にはグリーンの導入やスタンディングテーブルによる立ち作業の実施、

ヘルシーな食事の提供や運動補助設備の設置などもあります。

 

オフィスワーカーが健康である・健康になる事が、

生産性の向上へ繋がっていくといった新しい考え方につながり、

今後どんどん主流になっていくのでしょうね。

 

では、そんな健康なオフィスをお考えなら

是非フロンティアコンサルティングまでご相談下さい。

ページトップへ