多様なオフィスデザインについて

オフィスデザインホーム > コラム > 多様なオフィスデザインについて

多様なオフィスデザインについて

オフィスデザインとは、勤務するためのオフィスの内装を、業務内容や働きやすさの観点からデザインしていくことです。近年、このオフィスデザインが多くの人から注目されています。社員が働きやすくなるような職場や、業務内容や会社のイメージに合わせた内装は多くの人の注目を集め、より良い人材の獲得にも必要となってきます。



今は、働き方の変革が求められている時代です。何のデザイン性もなく、机が並んでいてただ雑然としているオフィスでは、そこで働きたいと思う人が減ってしまいます。一人一人の社員の才能を大切にしながら、個人の力を存分に発揮することのできる自由度の高いオフィスが、現代では求められています。インターネットなどの普及によって、いつどんな場所でも働くことのできる状況にある今、オフィスデザインを考え直すことが重要視されています。



多様化したワークスタイルに合わせて、仕事効率も上がり、さらなるアイデアを生み出しやすい職場であることが大切です。そのようなことを考慮すると、オフィスデザインを突き詰めていくことはとても大切となってきます。最近では、このようなオフィスのデザインを中心に行っている企業も増えている傾向にあります。



代表的なオフィスデザインの例として、コーポレートカラーを基調としたデザインが、最近では多くの人気があります。エントランスやエレベーターホールなど、コーポレートカラーを積極的に取り入れることによって、統一感を出すことができます。椅子や机など、細かい部分にもコーポレートカラーを取り入れると、社員のチームワークも自然と上がります。



また、社員がリフレッシュするための休憩スペースのデザインにもこだわる企業が増えています。観葉植物やソファーなどの配置を工夫し、よりリラックスできるようなデザインが人気です。さらに、社員が気軽に集まることのできるカフェスペースや仮眠スペースなどを設置して、ゆとりのあるオフィスにしているというところもあります。社員同士のコミュニケーションが、新たなアイデアを生み出すことにも繋がります。



オフィスデザインを通じて、社員が、会社に来たいと思えるようなオフィスにすることが、最近企業側に求められている課題のひとつです。居心地のいいオフィスだと、社員の意識改革にも繋がりますし、異なる業務内容の社員が互いにコミュニケーションをとることで、新たなビジネスの可能性が見つかります。

次の記事へ