メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

スタッフブログブログ

2017.04.20

オフィス製紙機

スタッフブログ [nishi]

フロンティアコンサルティングのnishiです。

 

先日、ペーパーレスについて調べていたら面白い取り組みを見付けました。

ペーパーレスやデジタル化が進む時代ですが、

紙の持つコミュニケーションツールとしてのシンプルさをこれからも使い続けるため、

セイコーエプソン株式会社が新たな技術開発を進めているとのことです。

 

それが「PaperLab(ペーパーラボ)」という技術開発らしいのです。

 

使用済みの紙を原料として、

文書情報を完全に抹消した上で、新たな紙を生産できる乾式の小型オフィス製紙機です。

通常の製紙時に必要とされている水を使わないので、給排水工事が不要なため、オフィス内に設置することが可能。

オフィス内で分解し再生するので、機密情報を外部に持ち出すこともないので、セキュリティーが向上します。

紙を再生利用するので紙の購入量も減らせますし、

新しい紙の調達や、使用済みの紙の処理に伴う輸送を減らすことにも繋がるのでCO2の削減にも貢献します。

 

『PaperLab(ペーパーラボ)A-8000』

 

2016年12月より順次販売を開始しているようです。

価格はオープンプライスとのことです。

 

紙の持つ「見やすさ、理解しやすさ、記憶に残りやすさ」を未来に繋ぐ新たな技術なのかもしれませんね。

気掛かりなのは価格面ですが・・・。

お幾らなのでしょうか・・・。



ページトップへ