メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

スタッフブログブログ

2017.07.24

卵黄

スタッフブログ [コンノ]

こんにちは。

東京本社のコンノです。

 

先日テレビをみていたら

鶏の卵についてのクイズが流れました。

 

卵黄は、卵「黄」というだけあって黄色がベーシックというのがこの世の定めです。

 

しかしよくグルメレポーターなどが

 

「わぁっ!新鮮!黄身が掴めます!」

という卵黄はオレンジです。

 

オレンジが新鮮なのかい?どうなんだい?

 

いいえ。実のところは違う。

 

卵黄の色は食べるエサの色で変わるようなんです。

 

トウモロコシを食べれば黄色。

赤いパプリカの成分を食べるとオレンジ。

そしてお米を食べれば白色。

黒いエサを食べると黒になるそうな。

 

そしてなんということでしょう。

黒と黄色交互に食べるとオシャレなシマシマになってしまいます。

 

それならば黒い卵をそのまま育てれば

海人のように黒いヒヨコが産まれるのでしょうか。

シマシマの卵を育てるとシティーガールのように

オシャレなヒヨコが産まれるのでしょうか。

 

ここまではテレビでは教えてくれませんでした。

 

この日以来、夢でカラフルな卵焼きの夢を見ます。

カラフルな卵焼きの夢は嘘ですが

この日以来、気になって暑さで目が覚めるのは本当です。

 

もしかしたら

鶏農家さんが結託して

世のベーシック卵は緑にだってできるかもしれない。

 

そんな可能性を感じた今年の夏、2017でした。

 

可能性を感じるオフィスは

フロンティアコンサルティングまでご相談ください。



ページトップへ