ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  スタッフブログブログ一覧 > BCブログ第5話:コンセプトを考える。

Blog スタッフブログブログ スタッフブログブログ

2017.12.06

BCブログ第5話:コンセプトを考える。

スタッフブログ [BC事業部]

BC事業部の後藤で御座います。

 

BCブログ第1話でビルリニューアルをしたいと思い立った理由・根拠について触れさせて頂きましたが、今回はその理由から導き出されるリニューアルコンセプトの設定についてお話しさせて頂きます。

 

ビルオーナー様や投資家の方に提案する際、このコンセプトが計画の方向性を決めます。

また、途中で計画の変更や追加をする場合でもコンセプトを決めておくことで統一感のある仕上がりになります。

コンセプトはなるべくシンプルに理解しやすいキーワードを選択します。

ここで参考例を紹介します。

 

ケース1

・リニューアル要望(理由・根拠)

下町にあるビルで築年数も古く廻りのビルとの差別化を図りたいビ

・コンセプトキーワード

「和モダン」

「和」ではその地域の歴史を紐解き古き良き要素を取り入れ、又「モダ」という現代的な先進的な要素を取り入れ、それらを融合させるデザイン

 

ケース2

・リニューアル要望(理由・根拠)

都心にあり、地域の企業は多種にわたり幅広く受け入れられるビルにしたい

・コンセプトキーワード

「stylish&monotone」

シンプルに「stylish」カッコよく・「monotone」単調(ここでは白黒ですが)の構成にすることにより幅広く受け入れらえるデザイン

 

シンプルで分かりやすいキーワードのコンセプトは浸透しやすく、賃貸仲介の案内説明がしやすく、又ビル売買の際の投資家への物件説明にも有効です。

 

また我々は、コンセプトキーワードで用いたい単語が分かりにくい場合や2つ以上の単語を組み合わせ1つにしたい場合などに造語を用いる場合があります。

それはビル独自のコンセプトキーワードとなりコンセプト自体が他ビルとの差別化をはかれると多くの御客様に好評を頂いてます。

 

是非、ビルリニューアルのコンセプト設定をフロンティアコンサルティングBC事業部へご相談下さい。

ページトップへ