メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  BCブログブログ一覧 > BCブログ第6話:コンセプトを考える。その2

BCブログブログ

2017.12.12

BCブログ第6話:コンセプトを考える。その2

BCブログ [BC事業部]

第5話でリニューアルを行う際のコンセプトについて触れました。

「和モダン」だったり、「スタイリッシュ・モノトーン」だったり。

 

ビルグレードに合ったデザイン、立地によってはテナント様の業種が偏る場合があるため、誘致したい業種に合わせたデザインコンセプトだったり色々なコンセプト設定があります。

 

もう一つ、デザインコンセプトの方向性を決めるうえで考えるテーマがあります。

 

そう、立地です!また立地がでてきます!!

 

コンセプトを考えていく中で、ビルの立地・その土地の背景(今昔)も考えデザインに反映し、ご提案する場合もございます。

 

実際デザイン・施工させて頂いたビルエントランスを例にあげます。

エリアは神保町です。

 

施工前

施工後

 

かなり雰囲気が変わったかと思います。

 

このビルがある場所は神保町。

神保町といえば……カレー!!(実際有名な美味しいカレー屋さんが多いです)

 

でも今回はカレーではなく…

やっぱり神保町は『本・古書』の街という印象が強いですよね。

このビルエントランスのデザインはその立地から本棚をイメージし、ご提案・施工させて頂きました。

 

このように、ビルのある場所(立地)からもデザインが生まれたりします。

立地の背景から考え、ご提案させて頂いた案件もほかにもございますが、それはまた今度ご紹介できればと思います。

 

我々フロンティアコンサルティングBC事業部は、常に自由な視点をもって、お客様の満足の最大化に寄与できるよう今後もビル再生事業に取り組んでいきます。


ページトップへ