ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  スタッフブログブログ一覧 > 海外ドラマ「Silicon Valley」から見るオフィス

Blog スタッフブログブログ スタッフブログブログ

2018.11.29

海外ドラマ「Silicon Valley」から見るオフィス

スタッフブログ [KJ]

おはようございます。大阪支店のKJです。

 

私は海外ドラマが好きでよく見ます。そんな私が最近一気に見たのが「Silicon Valley」という作品。

 

シリコンバレーといえば、アメリカの超有名IT企業の巣窟となっている地域!

アップル、インテル、Google、Facebook、Yahoo、アドビシステムズ、Uberなどの名だたるネット、ソフトの関連企業が多数生まれたIT企業の一大拠点であります。

 

この『Silicon Valley』というドラマは、そんなシリコンバレーに誕生したスタートアップ企業が仲間内でモメたり、協力したり、

Googleそっくりの大企業に対抗したりしながら大きくなっていく過程を描いたドタバタコメディです。

 

このドラマの魅力の1つはそのリアリティさ!

実際のシリコンバレーでの働き方やそれらの企業をモデルにしてセットが組まれており、そのリアリティはレビューサイトなどで「リアルすぎる」と評されるほど。

他にもタスク管理アプリのTrelloでおなじみのスクラム開発や、Tシャツやパーカーが「ビジネスカジュアル」とみなされている点、

自転車に乗りながらの会議、華美で豪華すぎるキッチンなどなどピンとくるパロディからピンとこないパロディまで小ネタがたくさんです。

 

上記の通り、最先端企業の働き方を「いじる」という点で、なんだか最先端のさらに先を行っているような感じがします。

 

なんだかIT系の話となると小難しい印象があるかもしれませんが、コメディタッチに描かれていますし、登場するキャラクター達もとてもコミカルです。

1話30分とサクッと見れるところもナイスです。ながら視聴にも最適です。

 

見るだけでなんとなくシリコンバレー風の働きかたを疑似体験することができますので、一風変わったオフィスの参考になるかもしれません。それではまた。

ページトップへ