ブログ/Blog

Blog

ブログ

スタッフブログブログ

2020.02.26

何者

スタッフブログ [クズ星]

こんにちは。
もう少しで、あぁ、春が来て、誰かはキレイになって、去年よりきっとキレイに輝いている人が多そうですね。
僕ですか?ちゃんと(ダイエットしていたはずが)最速でリバウンドして、
なんならダイエットする前より太ってしまい、もうこのまま冬眠していたいどうもどうも巨星です。

この季節になると、4月からの新社会人や新学生、転勤や転職など職場環境が変わり新しい出会いや別れが増える時期ですね。
私は転職や趣味のフットサル、引越し以外では新たな出会いや景色が変わることはないので新たな出会いが今からとても楽しみです。
これから新社会人として就活される方も既に社会人として仕事をしている方も、
今の多種多様な仕事や働き方や制度、システムに目まぐるしく変わる時代のうねりに不安や希望でいっぱいではないでしょうか。

そんな時にはふと他の何かになりたくて、たまたま見て面白かった映画の話をしますね。

この映画は、就活という人生の岐路に直面している人の人間模様が垣間見える作品です。(それにキャストが超豪華!!)
バンドマンでチャラチャラしていた男の子が着実に夢に向かう、所謂意識高い系だが成果の見えない女の子、
就活なんてルールや社会に洗脳されるものだと言いながら焦りを隠せない男の子。
そんな就活生が何者かになりたくて、もがいています。
誰かの就活が上手くいけばおめでとう!の他にも嫉妬の感情なんかもあったりして・・・。
最後のクライマックスではもう一つの『何者』の意味がわかるかと思います。
そしてそして楽曲はあの中田ヤスタカさんと米津玄師ですよ!(曲名はそのまま N A N I M O N O )

歌詞の中で “結局僕らはさ 何者になるのかな” と自問自答していて、
今の時代結局自分は何者かになれているのか、そもそもこの時代何者かである必要があるのか、
そんなことを考えさせられた映画でした。

就活生の皆さまも、もう既に働いて何者かになっている皆さまにもお勧めな映画です。
(あ、でもキャッチコピーは“就活生は観ないほうがいい”でした)

ではまた。



ページトップへ