メールアイコン

ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  スタッフブログブログ一覧 > 福岡のテイクアウトを巡る

スタッフブログブログ

2020.07.07

福岡のテイクアウトを巡る

スタッフブログ [maribron]

フロンティアコンサルティング 設計デザイン部 福岡支店のmaribronです。

COVID-19で福岡の飲食シーンも大変な昨今ですが、色んなお店がテイクアウトを始めてくれたおかげで、
一消費者としては、あのお店のこの料理が、こんなにお手軽にいただけるの?という、
ありがたいチャンスをいただいた次第です。

もちろん微力ながら飲食シーンを盛り立てる気持ちもあり、
せっかくなので、色んなお店のテイクアウトを戴いてみました。

結論、どこも結構うまい。

その中でも特に印象に残ったお店のいくつかをご紹介したいと思います。

・凛丹 一碗居(りんたん いちわんきょ)
福岡ではもう有名だと思います、中華料理の凛丹。
いくつか店舗がありますが、比較的カジュアルな感じの平尾のお店で、素晴らしいお弁当に出会いました。

イカと茄子、ネギほか野菜の唐辛子炒めとか、伝えたいことが盛沢山なのに、
食のボキャブラリーがつたない僕が言えることはひとつ、これはうまい。
テイクアウトだけでなく、ちょっといい日のごちそうに食べにいくのもオススメです。

続いては、

・NAKALABO(ナカラボ)
薬院の名店「イタリアンなかがわ」の系列店であるNAKALABOが手掛けるテイクアウトの薪焼ビーフステーキ。

Processed with VSCO with f2 preset

やわらかくてポテト付。赤ワインに合いそう。飲めないけど。
伊万里のステーキハウス ライおンにも匹敵します。あっ、でもライおンの方が好きかも。

Processed with VSCO with f2 preset

お店構えも素敵です。

また、よりお手頃に戴けるのがこちら。

・なす豚や
出会ってしまった茄子と豚。

白金、なす豚やさんの、お味噌のマイルドな、なす豚弁当です。
なぜか夜限定。逆に夜にお弁当やってるお店は減るので、ありがたいです。
隠れメニューだったヒレカツカレーのお弁当もあります。

少し前に移転されて、メインストリートのカジュアルなお店に。

そのほか、老舗もテイクアウトをふるまっていらっしゃいます。

・とり田
福岡といえば水炊き。その老舗、とり田がリリースしたチキン南蛮弁当は、あっさり引き締まった鶏とソースがおいしい。

水炊きセットも持ち帰りが出来、近場のキャンプのときに戴きました。やはりおいしい。
水炊きといえば、赤坂の橙も好きです。

・・・という具合に、カロリー高めな日々を過ごしておりました。
今はウェイトコントロール中です。

しかし、自粛明けにCafé de Petit Bonheurに行きましたが、
やっぱりお店で友達といただくご飯は良いなと思いました。

Prince of the fruitsでは旬なフルーツのパフェもいただけます。

しかし定期的に食べちゃうのが、秀ちゃんのラーメン。

大宰府の八ちゃんラーメンも好きです。こちらは天神や薬院にもありますね。
やはりとんこつラーメンには幼少の想い出が詰まっているのでしょう。

現在はWITH COVID-19、AFTER COVID-19などと言われますが、
新しい生活様式やニューノーマルを模索しながら、生活することが求められるようになりました。

テレワークや飲食店のテイクアウトも、自然に生活に馴染んできたように思います。

色んな代替案や可能性を模索する傍ら、できないことが増えるがゆえに、
これまで何も考えずに出来ていた、シンプルに人と会って食べるという楽しみや大切さが、
クローズアップされた期間だったなとも思います。

そして、COVID-19を乗り越えた先に、様々な人が、
そういった大事なものに立ち返るきっかけになるような空間デザインができればと思いました。

そんなNew Normal Work Placeの実現を目指して、
日々、実作と模索、思考とデザインを続けていきます。



ページトップへ