メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > オフィスのデスク配置を工夫して業務効率化に!

オフィスのデスク配置を工夫して業務効率化に!

オフィスのデスク配置

オフィスのデスク配置を工夫することで、社員の業務を効率化できます。ただし、デスクの配置にもさまざまな種類があり、業種や理想とする働き方に応じて適切なレイアウトが違うため、各配置のメリットやデメリットを知っておきましょう。

この記事では、基本的な机配置の種類に加えて、オフィスにデスクを配置する際のポイントもお伝えします。

対面型のデスク配置は部署内の連携が重要な企業におすすめ

対面型のデスク配置とは、部署やチームごとに机を固めて並べ、正面に座る社員の顔が見えるようにした机配置のことです。狭い空間でもデスクを密集させることができること、またレイアウトが分かりやすいことから、多くの企業で採用されています。物理的に隣や正面の社員との距離が近くなるため、チームや部署で協力したり情報をやり取りしたりする機会の多いオフィスにおすすめです。

対面型机配置のメリットは一体感の強さ

対面型の机配置には、「近くにいる社員との一体感が高まる」というメリットがあります。

基本的に、対面型だと自分の近くに同じ部署の人間がいるため、仕事の話も通じますし、お互いのサポートも頼みやすいです。

また、机を密集させる関係上、省スペースで配置できるため、デスクの数も確保できます。同じ仕事をしているという連帯感を高めたい場合に採用すると良いでしょう。

対面型机配置のデメリットはプライバシーのなさ

一方のデメリットは、社員のプライバシーを確保できないことです。

対面型の机配置では、正面の席とも両隣の席とも距離が近いので、視線があると集中力が乱れてしまう社員に配慮ができません。距離が近いだけあって雑談も発生しやすく、個人で黙々と作業をする社員にも不向きな机配置です。人それぞれ快適だと感じるオフィス環境は違うため、社員への聞き取り調査を行いながら、デスクの配置を見直したり仕切りを用意したりしましょう。

集中しやすく目線が気にならない背面型

背面型のデスク配置は、デスクを背中合わせに置くスタイルです。デスク自体は近くにありますが、基本的に作業中正面に人がいない状態を作るため、仕事に集中できます。対面型のデスク配置よりも、個人の作業効率を重視する場合におすすめです。

ただし、ある程度広い空間を必要とするため、オフィスが狭かったりオフィスで働く社員の人数が多かったりする場合はおすすめできません。

背面型机配置のメリットは距離の近さと目線が合わない安心感

背面型机配置のメリットは、デスク同士の距離を近くに置きながら、目線を合わせる必要がないことです。デスクに向かっていれば他人の顔が目に入らず、自分の作業に集中できるので、個人作業の多いオフィスに向いています。

一方で、振り返れば同じ部署やチームの人間がいるため、相談したいことや共有したい情報があればいつでもコミュニケーションを取ることが可能です。

背面型机配置のデメリットは広いスペースが必要になること

背面型机配置は、椅子を引く必要がある以上、ある程度広いスペースが必要になります。十分なスペースがないと、席を立ったり座ったりするときに他の社員の椅子にぶつかってしまうからです。デスク間の距離を取る必要があることを考えると、社員数の多い部署には不向きな配置といって良いでしょう。

また、配置の関係上、正面の視界が開けやすいので、必要に応じて仕切り板やパーティションも設置する必要があります。

自由なコミュニケーションを重視するならフリーアドレス型

フリーアドレス型の机配置とは、社員の席を固定せず、好きな場所に座れるようにしたレイアウトのことです。デスクの配置に決まったルールはなく、対面式や背面式など、オフィスに合わせて好きな配置を選ぶことができます。

コンセント・デスク・椅子・ネット環境などを用意してあり、デスクの数が社員数と同じ数があればいつでも採用できるので、比較的導入しやすいデスク配置といって良いでしょう。

フリーアドレス型机配置のメリットはコミュニケーションの活発化

フリーアドレス型の机配置を取り入れる最大のメリットは、コミュニケーションの活発化を狙えることです。

「その日の気分で好きな席」に座れるフリーアドレスだと、各部署の人間が入り乱れて仕事をすることになります。座る席を変わるたびに別の同僚や上司と話す機会ができるため、部署を越えたコミュニケーションを取りやすいです。コミュニケーションが活発になれば、社内で新しいアイデアやイノベーションも生まれやすくなりますし、人間関係の固着によるトラブルなども回避しやすくなります。

フリーアドレス型机配置のデメリットは個人ロッカーの整備など

フリーアドレス型机配置のデメリットは、社員の同意が必要で、別途個人ロッカーなども整備する必要があることです。

自分の荷物を置いておくことができないので、荷物の多い社員や現在の働き方・人間関係に満足している社員から反発を招く可能性も考えられます。フリーアドレスの良さを活かすためには、社員が自主的に好きな席を選べるようになる必要があるので、事前の説明や情報共有に時間を割きましょう。

黙々と作業するオフィスに最適なブース型

各社員のデスクをパーティションなどで囲み、単独のブースとして運用するデスク配置です。その他のデスク配置に比べて他人との関係性が薄いので、仕事の大半を個人に委ねているオフィスに向いています。

ただし、パーティションで社員と社員の間を隔てているぶん、コミュニケーションの難易度は高いです。連携プレーを求められる仕事にはあまり向いていません。

ブース型机配置のメリットは集中のしやすさ

ブース型机配置を選ぶ最大のメリットは、集中のしやすさです。椅子を含めて、社員の作業スペースが隔離されている形になるため、同僚や上司の目を気にすることなく自身の作業に集中できます。

また、パーティションがあるため、気軽に雑談できません。作業の途中に話しかけられると業務効率が下がってしまう、プログラマーやデザイナーなどにおすすめの配置です。

ブース型机配置のデメリットはコミュニケーション不足

ブース型机配置は、日常的なコミュニケーションの低下を招きます。

また、物理的にデスクで何をしているのかが分からないので、上司や管理職からすると体調不良や仕事に関する悩みに気づきづらいです。社員によっては一人で負担を抱えてこんでしまうケースもあるため、ブース型机配置を選ぶ場合は、会話に代わるコミュニケーション手段としてチャットツールなどを活用しましょう。

パーソナルスペースを広く保てるクラスター型

クラスター型とは、机を同じ方向に向けて2列並べ、机が隣り合わないよう前後にずらして配置するレイアウトのことです。上から見ると、ぶどうの房をイメージさせる形になっています。

デスクの位置をずらしているため、「隣には人がいない」「正面には自分のデスクと他の社員の背中だけが見える」という状態にすることが可能です。ある程度プライバシーを保ちつつ、作業スペースを確保できます。

クラスター型机配置のメリットはパーソナルスペースの広さ

クラスター型の机配置を選ぶメリットは、パーソナルスペースを広く取れることです。

半個室に近い形状になるため、自分のスペースがどこからどこまでかが分かりやすく、自分好みの空間にデスク周りをアレンジすることができます。他人のデスクが目に入りづらく、自分のデスクも見られないので、プライバシーを守れるのも強みといって良いでしょう。

クラスター型机配置のデメリットは配線が難しくなること

クラスター型机配置のデメリットは、配線が複雑になってしまうことです。机の位置をずらしているため、配線を一箇所にまとめられません。ケーブルの整理が不十分だと、動くときに足や手を引っ掛けて機器を壊してしまう場合もあるため、注意が必要です。

また、オフィスの空間を圧迫するので、広さに余裕をもてる場合に採用しましょう。

管理職の席をずらして圧迫感を軽減しよう!デスク配置の工夫2つ

オフィスのデスク配置を工夫する際に、押さえておきたいのが管理職や上司の机を置く場所です。

多くの社員は、管理職や上司の視線に対してストレスを感じます。管理職の側に監視している意識がなくても、圧迫感を与えると業務効率が下がるので、部下を監視するような角度にデスクを置くのは避けましょう。

具体的には、入り口に正対する位置や、窓を背にする場所を避けるのがポイントです。

管理職のデスクはオフィスの正面に置かない

オフィスの正面入口から入ったとき、管理職の顔が真正面に見える位置にデスクを置くのはおすすめできません。

一般的に、上司の机はオフィスの中でも奥まった場所にあります。オフィスに入った瞬間に視線が合うと余計なプレッシャーを与えてしまうため、管理職のデスクは入り口に背を向ける形か、横向きに置きましょう。

窓を背にするレイアウトを避ける

管理職の席が窓の近くにあると、デスクやパソコンのモニターに光が反射するため、カーテンやブラインドを開けられません。

ただ、自然光を取り入れたほうが、オフィス全体を明るく開放的な空間にできるので、窓の近くには席を持ってこないようにしましょう。管理職の席が窓から少し離れた位置にあれば、オフィスの社員は気兼ねなく外の景色や日光を楽しめます。

自社に合ったデスク配置を選んで業務効率を高めよう

チームで協力して仕事をする場合は対面型、個人での作業が多いならブース型、自由なコミュニケーションを促したいならフリーアドレス型など、業務のタイプに合わせてデスクの配置を決めれば、業務の効率化が可能です。

また、管理職のデスクをどこに置くかによって、社員の働きづらさを軽減できます。デスク配置の工夫は中長期的に効果を発揮する施策なので、社員ひとりひとりが働きやすい空間を作って業務効率を高めましょう。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ