メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > 壁を工夫して憧れのおしゃれなオフィスに

壁を工夫して憧れのおしゃれなオフィスに

おしゃれなオフィスの壁

オフィスの壁は、企業のイメージアップにつながる重要な役割を果たしています。
「清潔感のあるオフィスにしたい」「カジュアルなオフィスにしたい」といったときは、まず壁を工夫してみるとガラッと雰囲気を変えることができます。

たかが壁と思われるかもしれませんが、壁の材質を工夫することで、希望するオフィスに変えることが可能です。
また、パーティションで壁を作れば、施工期間も短くて済みます。

こちらの記事では、理想のオフィスにするために知っておきたい壁の種類と材質、壁が仕事に与える影響について解説します。

オフィスの壁の種類

オフィスの壁は、大きく分けて、造作壁とパーティションの2種類です。

さらに、パーティションには、施工が必要な施工型パーティションと、上部が空いているローパーティションに区別されます。
まずは、造作壁と2種類のパーティションのメリット・デメリットを説明します。

1.造作壁

一般的にイメージする壁とは、造作壁であることが多いでしょう。
造作壁とは、LGS(軽量鉄骨)を使用して、建物そのものに壁を設置する方法です。

天井と床に穴をあけ、鉄骨の支柱を立てて石膏ボードで壁を作ります。
造作壁は穴あけが必須なため、賃貸オフィスではオーナーへの確認が必要です。
原状回復費用がかかることも念頭に置いておきましょう。

造作壁は仕組み上、あとから位置を変えたり簡単に取り外したりができません。
そのため、造作壁を設置する前に、しっかりと計画を立てる必要があります。

造作壁のメリットは、遮音性に優れていることです。
石膏ボードを使用することで、音を遮断します。

会議室など、セキュリティレベルの高い部屋を用意したいときに有効です。
また、直線的な壁だけでなく、曲線も描けることが造作壁のメリットです。

このあと紹介するパーティションよりも、細かいデザインに適応できます。

2.施工型パーティション

施工型パーティションとは、床と天井に固定するタイプのパーティションで、上部に隙間がないことが特徴です。
簡単な施工が必要ですが、造作壁とは異なり、取り外しや移動が比較的容易にできます。

また、上部に隙間のあるローパーティションと比べて遮音性が高く、会議室などでも利用されます。
ただし、造作壁よりは遮音性が低いことがデメリットです。

施工型パーティションには、アルミ・ガラス・スチールなど素材があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。
おしゃれなオフィスにしたいなら、ガラスパーティションがおすすめです。

3.ローパーティション

ローパーティションとは、上部に隙間があるタイプのパーティションです。
すぐに移動させることができ、簡単に部屋を仕切れるため、オフィスの間仕切りとして利用されています。

施工も不要で、コスト面で優れています。
ローパーティションのデメリットは、遮音性が低い点と、デザインの選択肢が少ない点です。

オフィスの壁として、セキュリティ面での導入を考えている場合も向きません。

オフィスの壁は材質でイメージが変わる

オフィスの壁に使われる材質は、一般的なクロスや塗装の他に、中が見えるガラスタイプなどさまざまです。
それぞれを使用したときの印象も異なるため、材質によってどのようなオフィスになるかを確認しておきましょう。

ここでは、壁の材質別にメリットとデメリットを解説します。

1.クロス(壁紙)

クロスとは、壁に貼る壁紙のことで、ビニールや布などさまざまな素材があります。
カラーやデザインも多くの種類があり、レンガ調やコンクリート調に見せることも可能です。

全面を同じカラーにするのではなく、一部の壁だけ異なるカラーにするアクセントクロスにするとおしゃれなオフィスに仕上がります。

2.塗装

塗装とは、壁の下地に直接塗料を塗って壁を仕上げる方法です。
内装用の塗料は、外観をよくするだけでなく、防腐・防カビ・消臭効果が期待できるタイプもあります。

室内の温度や、湿度を調節するのに役立ちます。

3.ガラス

壁をガラスにするメリットは、オフィスが広く見えることです。
天井から床まで壁があると、圧迫感を与えやすくなりますが、壁をガラスにすることで、光がとおって明るくなり、壁による圧迫感も軽減されます。

会議室の壁をガラスにする企業もあり、透明性のある社風をアピールする役割も果たしています。

4.木材

オフィスの壁に木材を貼る方法は、木の種類や貼り方次第で個性的なオフィスを作れます。
木材は温かみを感じさせ、ほっとするアットホームな印象を与えられるでしょう。

オフィスの壁に木材を使うなら、オフィス家具も木材を使用したものを選ぶのがおすすめです。
壁と家具で統一感を出すだけでなく、リラックス効果も高まります。

5.タイル

おしゃれなオフィスにしたいなら、壁の材質をタイルにするのがおすすめです。
クロスや塗装よりもコストがかかりますが、見た目だけでなく質感のよい壁になります。

ホワイトのクロスだと淡泊で味気ない印象ですが、タイルならホワイトでも凹凸がでるのでおしゃれなオフィスになるでしょう。
タイルの種類によって、オフィスの雰囲気はがらっと変わります。

木目調のタイルもあり、木材のデメリットである汚れやカビなどの心配なく木の雰囲気をだせます。
また、壁の片面だけをアクセントでタイルにするのも、オフィスをおしゃれに見せるコツです。

6.グリーン

グリーンとは、壁面緑化のことで、植物あるいはフェイクグリーン(造花)を壁に植え込む方法です。
植物によるリラックス効果を期待したものですが、手入れの手間や衛生面から、オフィス内ではフェイクグリーンが好まれます。

オフィスの入り口や、来客室の片面の壁など、ポイントとしてグリーンが利用されています。
カフェのようなリラックスできる空間を演出できることが、グリーンのメリットです。

オフィスの壁が仕事に与える3つの影響

オフィスの壁を工夫することは、おしゃれに見せるだけが目的ではありません。
従業員の仕事に対するモチベーションにも影響を与えます。

1.集中力が高まる

壁のないオープンなオフィスは、空間を広く見せ、コミュニケーションを円滑におこなえるメリットがあるといわれています。
一方で、プライバシーがなく、周囲の目線が気になるという調査もされているのが実情です。

適度な壁・間仕切りは視覚を遮り、目の前の仕事に集中しやすくなります。
実際に、オープンオフィスでは仕事の生産性が落ちたとの結果が報告されています。

2.ストレスが減る

前項でわかるように「狭い空間が落ち着く」「壁際の席が落ち着く」という人も、多いかもしれません。
そのため、オフィスの壁は、ストレス軽減にも役立つでしょう。

オフィスに壁があることで、上司や同僚からの視線が遮られ、リラックスして仕事に取り組めます。

3.感染防止の対策になる

オフィス内に壁で仕切られた空間があることは、感染防止観点からも重要です。

仕切りのないオープンオフィスでは、インフルエンザやコロナウイルス感染症の感染者がいた場合、同じ空間に居た人全員の感染リスクが高まります。
しかし、物理的な壁があることで対面暴露による飛沫感染を予防し、リスクの低減を図れます。

オフィスの壁をおしゃれに見せるデザイン

オフィスの壁をおしゃれにしたいときは、材質だけでなくデザインも重要です。
企業のイメージを決める壁のデザインを考えるときのヒントを提案します。

1.企業カラーを目立たせる

オフィスの壁を印象づけたいなら、企業カラーを使うとよいでしょう。
例えば、企業カラーがブルーなら、壁の一部、あるいは一面にブルーのクロスを取り入れます。

全面に企業カラーを使うのではなく、企業カラーを目立たせる彩色にすることがポイントです。
白を基調としたオフィスの壁の一部に、ブルーのクロスを使用すると、企業カラーをより目立たせられます。

2.企業イメージに合わせて材質を変える

オフィスの壁で、室内の印象はガラッと変わります。
壁の材質やデザインは、企業イメージに合わせたものにしましょう。

例えば、法律事務所のオフィスでは、カフェのような気軽な雰囲気よりも、シックで落ち着いた壁紙・内装が好まれます。

いくら壁がおしゃれでも、企業イメージにそぐわない印象を与えては逆効果です。
そのため「ここなら安心して任せられる」「信頼できそう」との印象を持ってもらうためには、重厚感のある壁が適しているというわけです。

【まとめ】

理想のオフィスを作るために壁を有効活用しよう

理想のオフィスを作るためには、天井や床だけではなく、壁も重要です。
オフィスを訪れた人によい印象を持ってもらうために、壁も有効活用しない手はありません。

オフィスに利用される壁の種類には、次の特徴があります。

造作壁 施工型パーティション ローパティション
デザイン性 高い 比較的高い 低い
自由度 高い 比較的高い 低い
遮音性 高い 比較的高い 低い
可動 できない 可動式なら可能 可能
施工期間 長い 短い 不要

おしゃれなオフィスを作るなら、造作壁か施工型パーティションがおすすめです。
デザイン性が高く、遮音性にも優れています。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ