メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > オフィス移転時はデザインのコンセプトをしっかり決めよう

オフィス移転時はデザインのコンセプトをしっかり決めよう

オフィスは従業員が仕事をするスペースですが、ただ快適に作業ができればよいというものでもありません。オフィスは来客があったときに企業の顔となる役割もあるため、デザインコンセプトについてもこだわりを持っておきましょう。

そこでこの記事では、オフィスデザインのコンセプトの決め方や意識すべきポイント、実際の事例まで詳しく解説します。オフィスの移転を検討している経営者やファシリティ担当者の方は、ぜひ参考にしてください。

オフィスデザインのコンセプトの決め方

課題や目的を明確にする

オフィスデザインを考える上で、まず大切なのは「オフィスに何を求めるか」という目的を明確にすることです。オフィスデザインを考えるときは、つい「カフェのようなオシャレな空間」といったように、デザインありきで考えてしまうことも多いでしょう。しかし、デザイン先行でオフィスレイアウトを考えると使い勝手が悪く、自社とマッチしていないオフィスになる可能性もあるため注意しなければいけません。

先に述べた事例であれば、「従業員同士のコミュニケーションを促進する」という目的をまず明確にし、その結果「カフェのような開放的な共有スペースが必要である」と判断する流れがベストです。

とはいえ、新しいオフィスデザインを考えるにあたって、何を目的にしたらよいか思いつかない人もいるでしょう。そのようなときは、現状抱えている課題を解決することを前提に考えてみることをおすすめします。新しいオフィスデザインを考える前に現在のオフィスの課題を洗い出し、その解決策からコンセプトを考えると自ずと方向性も決まってくるはずです。

事前に従業員から要望をヒアリングする

オフィスデザインを考えるときにありがちなのが、経営者やファシリティ担当者といった一部の人間だけでプランを決めてしまうことです。もちろん、こうした立場の人に最終決定権があるのは自然なことです。しかし、実際に新しいオフィスで働く従業員は他にも多くいるため、一部の意見だけに偏ってしまうと必ずしも全員にとって快適なオフィスにならない可能性があります。

従業員の誰もが快適に作業できるオフィスにするためには、事前に幅広い従業員に対してヒアリングを行ってニーズを聞き出し、可能な限りそれに応えるプランを検討することが重要です。

コンセプトに応じたテーマカラーを設定する

オフィスデザインのコンセプトを決めるにあたって、テーマカラーを設定することも重要です。なぜなら、テーマカラーを設定することでデザインの統一感が生まれ、洗練された空間になるからです。テーマカラーを決めるには、「コーポレートカラーを基調とする」、「会社のイメージに合うカラーを選ぶ」といった方法があります。自社ブランドにマッチしたカラーとすることで、来訪者にスムーズに受け入れられやすく、伝えたいイメージを表現できるでしょう。

また、特定の目的を持ったスペースに合わせて配色を変えるという方法もあります。例えば、赤には見る人の気分を高揚させる効果があるとされていますが、イメージカラーだからといってトイレや休憩室まで真っ赤にしてしまうと従業員は落ち着かないでしょう。リラックスできる雰囲気を演出したいときは、見る人の心を穏やかにする作用があるといわれる緑を基調にすることが多くあります。

このように、スペースの目的に合わせたカラーを採用するように心掛けましょう。

オフィスデザインのコンセプトを決める際のポイント

企業理念や組織文化を反映する

基本的にオフィスは従業員が仕事をするためのスペースですが、現代的なオフィスにはそれ以上の役割が求められつつあります。働き方が多様化し、テレワークも一般的になってきた今では、オフィスは従業員同士が自社のビジョンや価値観を共有し、コミュニケーションを活発化させる空間であることが求められます。

場所を問わず働けるようになったからこそ、オフィスは従業員の「帰る場所」となることが重要です。オフィスデザインを考えるときは、「社外の関係者からどう見られるか」だけでなく、社内で働く従業員のことも意識しましょう。

社外に伝えたいイメージを体現する

オフィスデザインは、企業のブランディングにおいても重要な役割を果たします。どんな企業においても事業活動の肝となるのは顧客との信頼関係です。しかし、来訪した顧客が「社風とマッチしていないオフィス」を見ると違和感を覚えるかもしれません。デザインに自社の理念がしっかり体現できているオフィスなら第一印象で相手にスムーズに受け入れられ、信頼関係を築きやすくなるでしょう。

例えば、エントランスにスローガンを提示する事例や外部との打ち合わせスペースをオープンにすることで、より自由闊達な職場であることをアピールする事例が増えています。社外に伝えたいイメージをオフィスで体現することで、プロモーション効果が期待できます。

従業員が働きやすいレイアウトを意識する

オフィスデザインを考える上で大切なのが、「従業員が働きやすいレイアウトを意識する」ことです。組織文化を体現したデザインや流行の最先端をいくおしゃれな内装は、従業員のモチベーションをアップさせるためには効果的でしょう。しかし、いくらデザイン性に富んだコンセプトがあっても、従業員が働きにくいオフィスになってしまっては本末転倒です。

最初のうちは新しいデザインのオフィスに目新しさを感じて好印象を抱いても、時間の経過とともに使いにくさを強く感じるようになるケースもあります。そのような事態にならないように、「生産性を確保した動線設計」、「しっかりしたコミュニケーションをとれる工夫」など、従業員が働きやすいレイアウトになるように配慮しなければいけません。

コンセプトを重視したオフィスデザインの事例


これからコンセプトを考えるにあたって、実際の事例を参考にしたいという人もいるでしょう。そこで、ここからはコンセプトを重視したオフィスデザインの事例を2つ紹介します。

株式会社ZOZO様 宮崎オフィス(旧株式会社アラタナ様)

株式会社ZOZO様が新しいオフィスに求めたのは「交流とアイデアが生まれる空間」です。それまでのオフィスは従業員同士の交流が少なく、コミュニケーション不足に悩む原因になっていました。そこで、担当するプロジェクトや部署間の垣根を越えた開放的なスペースを増やすことで、積極的なコミュニケーションをとりやすい環境を作ろうと考えました。

そうしたテーマについて詳細を詰めていくうちに決まったコンセプトは「ちいさなまち」。この事例では、スペースごとに細かく役割を設けたのが特徴です。仕事に集中して取り組める環境を意識した「FLAT」や、休憩はもちろん必要に応じて昼寝もできるスペースの「Attic Room(屋根裏部屋)」、全社員が集まれる大きさを誇り、コミュニケーションの中心となる「TAKACHIHO」といった多様な空間を配置しました。

それぞれのスペースにさまざまな機能をもたせ、それが一つに集約されている姿はまさに「ちいさなまち」といえ、大変好評をいただいています。

サン電子様

サン電子様との打ち合わせでテーマになったのは、「グローバルに活動している企業というイメージをオフィスでも表現する」ことです。サン電子様のそうした要望を受けて、当社では世界中を飛び回る姿をイメージした「国際空港」をコンセプトにご提案。「来客室の扉を、搭乗ゲートをイメージした門型にする」、「海外からの顧客を想定し、日本製品の良さをアピールするために設備は基本的に国産を使用する」といったアイデアを採り入れました。

また、企業戦略の一環として自社アピールを兼ねたオフィスにすることを目的に、「来訪者に驚きを与えるほど開放的なエントランス」を設計。サン電子様の案ではエントランスの広さは当初20㎡でしたが、当社ではエントランスからフロアの共有部までつなげることで、その5倍にあたる100㎡のエントランスを提案し広々としたスペースを作ることに成功しました。

インパクトのあるエントランスは来訪者の第一印象に良い意味で衝撃を与え、新規事業やさらなる海外進出を目指しているサン電子様にうってつけのオフィスになっています。

オフィスのコンセプト設計に悩んだらプロに相談を

オフィスの移転やリニューアルに伴って実現したいコンセプトや既存オフィスが抱えている課題については、そこで働く経営者や現場の従業員が一番よく分かっているでしょう。とはいえ、オフィスデザインを考えるときは決めるべき項目が多いため、漠然としたイメージはあっても実際にどうやって具体的な形にすればよいか分からないケースもあるものです。

そうしたときは、デザインコンセプトを決める段階から経験豊富なプロに入ってもらうことをおすすめします。オフィスのコンセプト設計にお悩みの経営者・ファシリティ担当者の方は、ぜひお問い合わせください。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ