メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > スモールオフィスはおしゃれが鉄則!社員の生産性を向上させよう

スモールオフィスはおしゃれが鉄則!社員の生産性を向上させよう


少ない人数に合わせて小規模なオフィスを選んだとしても、あまりに簡素な空間では社員のモチベーションを下げてしまいます。昨今はスモールオフィスだからこそ、空間のおしゃれさが重要とされている時代です。

必要なものがすっきりとおさまった空間は、洗練された雰囲気を生み出し、モチベーションや生産性も上げてくれます。この記事では、小規模オフィス移転をお考えの方へ、オフィスのおしゃれさの必要性、工夫の仕方、理想的なスモールオフィスの具体例を紹介します。

スモールオフィスだからこそおしゃれに。その理由とは?


コンパクトな人数や予算などに合わせて、企業が小規模なオフィスへの移転を検討するケースがあります。経費削減、縮小の一環でもある場合、とにかく小さく、シンプルなオフィスが候補になるかもしれません。しかし、ただ小さいだけのオフィスへの移転は、かえって業績ダウンにつながる可能性もあります。

小さいけれどおしゃれさがなく、寒々しいオフィスのようにに社員が感じてしまうと、出社する気持ちも弾みません。ひいては、仕事に対するモチベーションに影響することもあるでしょう。たとえ小さいオフィスでもデザインやスペースの使い方を工夫し、綺麗でおしゃれな空間にすると、社員のモチベーションアップやストレス軽減につながるでしょう。

こういった要素を考え、スモールオフィスだからこそ、オフィスデザインへの投資を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

洗練されたスモールオフィスに欠かせないポイントとは?

打ち合わせスペース

打ち合わせスペースの存在は、洗練されたスモールオフィスの大きなポイントです。オフィスが小さければ、誰かの席に集まってのミーティングも手軽ではあります。しかし、執務スペースと打ち合わせスペースが分けてあったほうが、メンバーの気持ちも引き締まり、落ち着いてミーティングができるでしょう。

また、来客とのミーティングを誰かの席で行うわけにはいきません。来客をもてなす場所としても、打合せスペースは必要といえます。

収納スペース

スモールオフィスをスマートに感じさせるには、いかに「ごちゃつき」をなくすかがポイントとなります。そのために欠かせないのは、収納スペースです。収納によって整頓されたスモールオフィスは、残りの空間を有効に使えるようになります。

書類、ファイル、備品がすっきりしまえるよう、ボックスやラックなどを活用して収納を工夫しましょう。デスクの引き出しも、整理トレーやファイリングホルダーを活用するとすっきり整理できます。

デスクやチェアなどもおしゃれに

洗練された空間づくりには、デスクやチェアなどのデザインもポイントです。シンプルでありながら機能的なものを選び、ガチャガチャしたデザインは避けましょう。デスクとチェアの雰囲気を合わせるのも重要です。

執務スペースや打ち合わせスペースなど、スペースごとにデザインや色を統一すると、遊び心が出て気分転換にもなるでしょう。シンプルなデザインと機能性を両立すれば、社員のモチベーションと生産性が向上します。

通路の確保

スモールオフィスにありがちな問題が、通路の狭さです。あれもこれもと物を置いて通路の幅を狭くすると、社員のストレスと生産性ダウン、両方につながります。できれば、移転前に備品など必要なものがすべて置けるか、図面に書き込むなどしてシミュレーションしておきましょう。難しそうなら、備品の取り換えを含めたデザイニングが必要かもしれません。

スモールオフィスをおしゃれで快適にするには、「狭いのは仕方がない」で終わらせないことです。必要なスペースを確保できるまで検討を重ねると、今後の業務効率化につながることでしょう。

例えばこんなスモールオフィスが

具体例があると、デザインのアイディアも出やすくなるでしょう。フロンティアコンサルティングの実績から、おしゃれなスモールオフィスを紹介します。

アストレア様

約33坪と限られたスペースですが、窓際も執務スペースとするなど、空間を最大限に活かしています。木目を基調としておしゃれさを演出し、明るめのフローリングを使って広く見せているのもポイントです。モノトーンのインテリアに、アストレア様のロゴテーマカラー、グリーンが差し色となっています。社員の過ごしやすさと業務効率、両方を促進するデザインといえるでしょう。

実績ページ:https://www.frontierconsul.net/service/results/2019-08-16296/

EMURGO様

EMURGO様も、約33坪のスペースを最大限機能的に使い、かつカフェのようなデザインで社員のモチベーションアップを図っています。モダンな空間に温かみのあるデスクとチェアを配置し、おしゃれでありながらリラックスできるオフィスとなりました。狭苦しくならないよう間仕切りをなるべく使わず、床の段差などで空間の違いを表現するのもポイントです。

実績ページ:https://www.frontierconsul.net/service/results/2018-03-13125/

これからのスモールオフィスには機能性とおしゃれな空間が必要

これからのスモールオフィスは、空間に限りがあるからこそ、優れた機能性とおしゃれな空間を実現しなくてはなりません。オフィスの機能性と雰囲気は、そこで働く社員の生産性やモチベーションに大きく影響するからです。また、求人を出す際、働きやすくておしゃれなオフィスなら写真も映え、応募率アップにつながります。

さらに、来客やホームページ閲覧者に、企業のビジネスセンスをアピールすることもできるでしょう。小規模オフィスへの移転を検討しているなら、ぜひ、機能性だけでなく「いかにおしゃれにするか」という点にも配慮してみてはいかがでしょうか。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ