メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > エントランスデザインの効果とは?オフィスレイアウトで考えたいこと

エントランスデザインの効果とは?オフィスレイアウトで考えたいこと

エントランスは、企業に来訪した人を最初に迎える空間であり、第一印象を決める要素です。セキュリティを整備して受付カウンターを設置すれば基本的な役割は果たしますが、ブランディングやプロモーションの観点から見るとそれだけでは不十分です。

エントランスを企業のイメージアップに役立てるには、企業理念を端的に伝え、親しみや興味を持たせる工夫が求められます。この記事では、エントランスデザインが生み出す効果や必要とされる機能、魅力的なオフィスレイアウトの事例を解説します。

オフィスエントランスは単なる入り口ではない

エントランスデザイン

エントランスは「入り口」と訳されますが、企業のオフィスにとっては、ただ出入り口の役割を果たすだけのスペースではありません。理念を体現し、見た人の印象を左右する企業の「顔」です。個性的なエントランスデザインは、コンセプトの端的な伝達や他社との差別化、企業イメージの向上に大きく役立ちます。

エントランスに自社ならではの工夫を凝らすことは、効果的なオフィスブランディングの手段としてしています。そのため、来客対応やセキュリティなどの実用性を満たしつつ、オフィスレイアウトにおいてエントランスのデザインにも力を入れる企業が増えているのです。

エントランスのデザインによって生まれる効果

適切なエントランスデザインは、安心感やホスピタリティなどポジティブな印象も与えます。また、従業員に影響を与えるインナーブランディングにも効果的です。以下では、エントランスデザインが生み出す効果について解説します。

ホスピタリティの表現

エントランスは、来社案内などで来訪者を迎える場所でもあります。企業への訪問は緊張することが多いものです。そういった不安をやわらげ、リラックスしてもらうには、居心地の良い空間を作る必要があります。来訪者を待合スペースで待たせることも多いため、くつろげる工夫を施しましょう。具体的には、ゆとりを持たせて座り心地の良い椅子を配置する、アロマを焚くといった方法が挙げられます。

企業ブランディング

オフィスレイアウトは企業のブランディングにおいて大きな役割を果たします。来訪した人を最初に迎えるエントランスは、Webサイトでいうトップページにあたります。企業の理念やメッセージなど、最も外部に伝えたいイメージを意識したデザインが重要です。

例えば、色使いを工夫する、多目的な空間に一新する、エントランスをメディアとして利用するといった手法が挙げられます。

エントランスを目にするのは来訪者だけではありません。企業で働く従業員も、出退社の度に目にする空間です。エントランスが組織文化を体現していれば、そのメッセージは自然と従業員に共有されていきます。企業に対する帰属意識や仕事へのモチベーションも自然と高まるでしょう。企業イメージを意識したデザインは、インナーブランディングにも役立ちます。

エントランスに必要な機能

エントランスに必要な機能

エントランスはデザイン性だけでなく機能性も重要です。必要な機能を充足していることも、来訪者が抱く企業イメージに大きく影響します。以下ではエントランスに必要な機能と、来訪者のイメージをアップする工夫について解説します。

来客対応・インフォメーション

来客対応とインフォメーションは、受付スタッフを配置する有人対応と、タブレット端末などを設置する無人対応に分けられます。有人の受付カウンターを設置する場合、入口から真正面に位置すると圧迫感を与える場合があるため、横向きか斜めにレイアウトするのが望ましいでしょう。バッグや傘を置く場所を設けるなど、使い勝手を良くするための配慮も必要です。

最近では、タブレット端末を利用した受付システムを導入するケースも多くあります。受付業務の負担を軽減でき、来客カードの記入といった来訪者の手間も省けることがメリットです。場合によっては無機質な印象を与えることもあるため、ウェルカムメッセージを表示する、親しみのある画像や動画を利用するなどの工夫を加えましょう。

セキュリティゾーニング

オフィスレイアウトはセキュリティも意識して設計する必要があります。エントランスはその特性上、誰もが入れるパブリックエリアです。オフィスを特性に合わせてゾーニングした場合、エントランスはセキュリティレベルが最も低いゾーンとなります。開放的であることは、親しみやすく友好的なオフィスブランディングの要素です。

しかし、セキュリティの配慮が全くないエントランスはリスク管理の障害となりえます。誰でも入れるとはいえ、人の出入りの確認と記録は重要です。防犯カメラの設置や、執務スペースとの境にセキュリティゲートを設置するなど、十分なセキュリティ対策を検討しましょう。

オフィスエントランスのポイント

オフィスエントランスのポイント

具体的なデザイン例があると、企業に合ったエントランスデザインを検討しやすくなるでしょう。色使いの工夫やエントランスの概念を一新する方法、プロモーションに活用する方法など、具体的なオフィスレイアウトのポイントを紹介します。

コーポレートカラーの使用やロゴ・スローガンの掲示

エントランスデザインは企業のアイデンティティを体現できるとベストです。コーポレートカラーやロゴマークを配置することは、「どの企業のオフィスか」を端的に伝える代表的な方法です。

また、「どのような企業なのか」を表現するために、企業イメージにあったカラーを取り入れる手法もあります。信頼できるイメージならグレー、知的で上品なイメージならブルー、エネルギッシュに挑戦するイメージなら赤など、伝えたいイメージに合わせたカラーを選びましょう。

最近では、癒し効果や落ち着いたイメージを演出するため、植栽を取り入れるケースも多くあります。また、企業理念やスローガンを壁面に掲示することも、ブランディングに効果的な方法の一つです。

カフェや打ち合わせスペースを設けたラウンジ空間に

活気のあるベンチャー企業やIT企業では、従来のイメージを一新し、エントランスを多目的ホールと考えるケースも増えています。

打ち合わせや業務などに使えるオープンなラウンジとして、カフェなどリラックスできる場も併設する事例がよく見られます。親しみやすさを演出できるとともに、従業員の多様な働き方にも対応可能です。をリラックスできる空間にすることで、部署間のコミュニケーションもスムーズになるでしょう。

自社商品やサービスの展示

自社の商品やサービスをサンプルとして提示し、エントランスを企業のメディアとして扱うと効果的なプロモーションにつながります。自社サービスのパンフレットを読んだり、商品を手にとったりする機会を設ければ、来訪者の待ち時間も有意義なものに変えられます。PR用のデジタルサイネージを設置してサービスを訴求するのもおすすめです。

中には、待合スペースに自社で扱う家具を置くことで、直に使い心地を体感してもらうという工夫をしている企業もあります。

エントランスはオフィスの顔!コンセプトを大事にしよう

オフィスの印象はエントランスデザインやオフィスレイアウトの工夫によってコントロールできます。エントランスデザインのポイントを知っても、実際に形にするのは難しいものです。オフィスレイアウトやデザインで迷っているなら、実績の豊富な専門業者をパートナーにしましょう。

ただ設計するだけでなく、企業のコンセプトをしっかりと形にしてくれる業者を選ぶことが重要です。ぜひ、納得のいくオフィスレイアウト・エントランスデザインを実現し、ブランディングに役立ててください。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ