メールアイコン
コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > テレワーク時代のオフィスレイアウト設計|社員が自然と集まる空間を作ろう

テレワーク時代のオフィスレイアウト設計|社員が自然と集まる空間を作ろう

テレワーク時代のオフィスレイアウト設計

働き方改革や新型コロナウイルスの影響を受け、テレワークを導入する企業が増えています。それに伴い、オフィスで働く人が少なくなり、レイアウトの見直しが必要となることも多いでしょう。

とはいえ、単に規模を縮小すれば良いというわけではありません。社員が働きやすいオフィス環境を作るには、テレワークの特性を考慮することが大切です。

この記事では、テレワーク時代に適したオフィス環境を作るためのポイントを解説します。

テレワーク時代のオフィスレイアウトのポイント

オフィスレイアウトの刷新は、働きやすい環境を作るために重要です。常時出社することを前提としたレイアウトから、必要なときに社員が集う居心地の良い場所を演出するレイアウトに変更しましょう。ここではテレワーク時代のオフィスレイアウトの基本的なポイントを解説します。

フリーアドレス

テレワークを前提としたオフィスでは基本的に固定席が不要です。必要なときに必要な人が自由に使えるフリーアドレス席を多めに設置しましょう。イメージとしては、カフェや図書館などのパブリックスペースです。社員が自分のパソコンを持参して仕事を行い、その人が仕事を終えて席が空いたら、他の人が席につくという使い方です。

しかし、これまで使っていた個々の社員のデスクをそのままフリーアドレス席に転換すると、稼働しない席が増えてしまいます。まずは時間帯ごとにオフィスで業務を行う人数をシミュレーションした上で、レイアウトを検討しましょう。

フリーアドレス席は、必ずしもオフィス用のデスクである必要はありません。むしろ、オープンテーブルやカウンター席など、物を保管する機能を持たないシンプルなタイプが適しています。

デジタル化・ペーパーレス化

紙ベースで業務を進めていく方法は、社員が同時間帯にオフィスへ出社することを前提としています。そのため、テレワークでは不都合な点が多いのが実情です。

テレワークで円滑に業務を行うためには、ペーパーレス化・デジタル化が必須です。働く場所を選ばないテレワークでは、紙の資料やメモを手渡したり、書類に複数人の上長のハンコをもらったりといった業務フローを見直す必要があります。ペーパーレス化・デジタル化が定着すると、紙のやり取りにかかる手間を大幅に削減できます。また、紙の資料を保管するスペースも減らせるため、オフィス全体がスッキリする効果も期待できるでしょう。

これらの変化は業務の効率化をもたらします。オフィスの管理も容易になり、機能的で清潔なオフィスの維持にもつながるでしょう。

出社したくなるオフィスにする

業務効率の向上は、テレワークを導入するメリットのひとつです。事実、出社にかかる手間やストレスが軽減され、業務効率が上がったとする見方も少なくありません。

一方で、社員同士のコミュニケーションが減る、帰属意識が低くなるといったデメリットもあります。これらの問題を解消するためには、オフィスを自然と人が集まる魅力的な空間にすることが重要です。「魅力的な空間」とは、長時間座ってパソコンを操作するのに最適な空間ということではありません。

たとえば、アイデアが必要なときに人とのコミュニケーションを図りやすい空間ということです。自宅でのテレワークでは得られない、オフィスならではの充実した時間を過ごせる空間を目指しましょう。

テレワーク時代のオフィスで求められる設備

求められる設備

これからのオフィスでは基本的な空調やインターネット環境などに加えて、シーンに応じた適切な設備が求められます。ひとりで集中したいときやリフレッシュしたいときなど、社員が求めるさまざまなシーンを想定して設備の充実を図ることが大切です。

集中スペース(個人スペース)

自席、またはフリーアドレス席があっても、ブース席を設けることで一時的に個人が仕事に集中できる環境を提供できます。スペースの問題でブース席を設けられなくても、取り外し可能な仕切りを設置して簡易的なブース席とすることも可能です。

ディスカッションスペース(ファミレス席)

ファミレスに行くと会話が弾むという経験をした人も多いでしょう。オフィス内にファミレスのようなボックス席があれば、社員同士のディスカッションが活性化することも期待できます。

ファミレス席のメリットは個室の会議室ほど堅苦しくなく、場所を取らないことです。2~4人席が一般的で、弁当を持ち寄ってランチミーティングにも活用できます。デザインによってオープンな雰囲気にしたり、セミクローズドな空間にしたりすることも可能です。

個室の会議室

オンラインミーティングがメインになっても、役員会議や面接などでは、ある程度隔離された空間が必要です。そのため、オープンスペースとは別に個室の会議室を設けましょう。

最適な場所はオープンスペースを通過せずとも入室できるエントランスの近くです。設計時に音声が外に漏れないよう配慮しましょう。

リフレッシュスペース

リフレッシュスペースは、ともすると「業務に必要ない」と軽視されがちです。しかし、近年ではリフレッシュスペースの充実が生産性向上や企業のイメージアップにつながるとする意見も少なくありません。

事実、リフレッシュスペースには社員の息抜きのみならず、自然なコミュニケーションが生まれるというメリットもあります。植物を置いたり、飲食に適した設計にしたりするだけでなく、カフェやフィットネススペースを併設するなど、より充実したリフレッシュスペースを設ける企業も増えてきています。

個人用ロッカー

固定席がないオフィスは私物を置かないことが基本です。しかし、業務に使用する物品をすべて持ち歩くのは社員にとって大変な労力になります。

この問題を解決するためにはパーソナルロッカーの設置が効果的です。業務に使用するものを保管する、個人のデスクに代わる設備だと考えましょう。社員が必要なものを必要なときに出し入れできるよう、設置場所やロッカーの形状、セキュリティを十分に考慮することが大切です。

オフィスでできる新型コロナウイルス対策

オフィスでできる新型コロナウイルス対策

2020年3月以降に日本でも感染が拡大した新型コロナウイルスは、オフィスの在り方にも大きな影響を及ぼしました。これからのオフィスは、ウイルスを飛散させない、持ち込まないための対策を十分に施すことが大切です。そのためにも、以下のポイントを積極的に実践しましょう。

飛沫飛散防止のパネルを設置する

ミーティングの内容によっては、オンラインではなく対面が望ましいケースもあります。ここで懸念されるのが飛沫の飛散です。

この問題は、透明なアクリルパネルを設置することで軽減できます。アクリルパネルが間にあることで距離が近くても積極的な発言が可能となり、社員にも安心感が生まれます。相手の顔が見えること、生の声が聞こえることは、これまでのミーティングと変わりありません。オンラインミーティングに抵抗がある場合にも役立つ方法です。

フロアを土足禁止にする

新型コロナウイルスに関しては、ウイルスが靴底に付着して飛散する可能性が指摘されています。日本では古くから、室内に入る際に上履きへ履き替える習慣があり、オフィスにおいてもその習慣が見直されてきています。

オフィスを土足禁止にすることで、靴底を介して外からウイルスがオフィス内に持ち込まれることは防げるでしょう。一方、この方法はあくまでも個人が自分専用の上履きを使用し、適切に管理することが前提です。上履きを共用することは避けましょう。

テレワーク時代のオフィスの価値を見直そう

テレワークの導入は業務効率化やワークライフバランスの向上など、多くのメリットが期待できます。その一方で、個人で業務を遂行する意識が強くなり、社員同士のコミュニケーションや事業としてのイノベーションが生まれにくくなる恐れが指摘されていることも事実です。

テレワーク時代においては、オフィスが提供できる機能や価値がこれまで以上に重要な意味を持ちます。働きやすく魅力あるオフィス設計で、社員にとって価値のあるオフィスを目指しましょう。

オフィス・事務所移転で何かお困りの際は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。
オフィス・事務所の仲介・設計デザイン・レイアウトの作成、内装工事の実施、PM・CM業務から
什器オフィス家具手配、引っ越しまで、お客様に合ったベストなトータルソリューションをご提供いたします。
お問い合わせはこちら>

Result / このカテゴリの実績紹介

Service / サービス一覧

More


ページトップへ