コラム Column

Column

コラム

オフィスデザインホーム >  コラム > テレワークだけじゃない!おしゃれ・快適なオフィスで働き方改革

テレワークだけじゃない!おしゃれ・快適なオフィスで働き方改革

テレワークだけじゃない!おしゃれ・快適なオフィスで働き方改革

一人ひとりが健康で多様な働き方を選択できる社会を実現できるよう、日本政府は2019年4月から順次、働き方改革関連法を施行しました。
働き方改革の一環としてリモートワークやテレワークを導入する企業も増えましたが、時間や場所の制約がないリモートワークやテレワークばかりが働き方改革に直結するかというと、必ずしもそうではありません。

オフィスの環境をよくすること、例えば、緑の多いオフィスにしてリラックスできる環境を整えたり、おしゃれなオフィスにして社員のモチベーションを高めたり……そういった点も、十分「働き方改革の一環」と言えるでしょう。

この記事では、企業の根幹であるオフィスの環境改善をご提案します。

快適なオフィスは社員の士気を高める!オフィス改善で業務効率化

一般的な会社員が人生で仕事をしている時間は、なんと約10万時間とも言われています。
そんな膨大な時間を仕事に費やしているのかと思うと、社員にはできるだけ快適な環境を提供したいですよね。

リモートワークやテレワークなど、自由度の高い働き方を提唱する企業も増えてきましたが、実はそれに対して、オフィスから離れて作業をすることを推奨しない風土の企業も増えているんです。

ただ、リモートワークやテレワークを許可しない代わりに、オフィスの環境を快適に整える動きが各社で活発化しているのも事実です。
オフィスの環境を改善するだけでも、社員の感じるストレス軽減や、モチベーションアップ、業務効率化に繋がります。

次の項からは、オフィスから始まる働き方改革をいくつかご紹介します。

集中スペースを作る

集中スペースを作る

雑音・騒音の少ない集中スペースを作ることは、社員の業務効率化に繋がります。
例えば4人掛け程の小さめのミーティングルームを多めに設置し、部屋のスケジュールが空いている時は社員が自由に使えるようにするなどもひとつの方法です。

ミーティングルーム

オフィスは営業部や制作部など、多くの部署が集まっており、コミュニケーションが活発な会社は本当に賑やかです。
そんな中で集中するのは、人によってはかなり難しいこと。

自由に使っていいミーティングルームや集中スペースがあれば、そういった社員の生産性はグンと向上します。

リフレッシュスペースを作る

リフレッシュスペースを作る

リフレッシュスペース・休憩スペースを作ることは、作業が煮詰まってしまった社員の気持ちを一新させるのにうってつけ。

スペースは可能な範囲で広く取り、解放感を演出したほうがいいでしょう。
緑などを取り入れることにより、社員のリラックスを促進します。

数分間の雑談や軽食をつまむスペースとして設けておけば、いつでも社員がリフレッシュすることができます。

休憩スペース

自席やカチッとしたミーティングルームではなかなか気を緩められないため、こうした休憩スペースを設けることも社員の生産性向上や業務効率化に繋がります。

仮眠室を作る

仮眠室を作ることも、生産性の向上へのサポートと言えます。
昼休み中はもちろん自由に使うことができるようにし、午前・午後の業務時間中でも、一人20分程度の利用を認めることで、眠くて生産性の低い業務をする……といったことが防げます。

眠いままでPCに向かうことは、仕事の効率を普段のなんと約10分の1に下げると言われています。スピードが落ちるだけではなく、通常ならしない小さなミスも格段に増えます。
そんな中で無理に業務にあたらせても、非生産的。

特に普通の会社員は5連勤で、週の後半になるにつれて身体も確実に疲れてきます。
日常的に残業がある会社なら尚更のこと。
数分の仮眠でも、身体も頭もスッキリするものです。

仮眠室の設置は、立派な「働き方改革」と言えるでしょう。

社内コミュニケーションを活性化する場を作る

社内コミュニケーションを活性化する場を作る

部署を越えた交流が少なく、「他部署の人が何をしているのかわからない」と感じている社員は少なくありません。
また、会社によっては新人から役職者に話しかけにくいといった雰囲気もあるでしょう。
そんな時は、気軽にコミュニケーションの取れる場を作るのがおすすめ。

先程ご紹介したリフレッシュスペース・休憩スペースも有効ですが、卓球スペースやフットサルスペースなどを設け、リフレッシュを兼ねたゲームを通じて社内コミュニケーションを活性化する方法もあります。
ある程度の広さが必要になりますが、実際に導入している企業様も多いです。

また、カフェスペース・キッチンスペース・バーカウンターなどを設けることもおすすめです。

カフェスペース

少し特殊かもしれませんが、バーカウンターがある企業様ではお酒が常備されており、就業後はバーカウンターにて無料でお酒を楽しめる、といった制度があります。
普段会話をしない他部署の人や、なかなか本音を話せない上司などと打ち解けるチャンス。
ここで得た人間関係で、新たな仕事が生まれる可能性も。

このように、オフィス改善は生産性の向上や働き方改革に大きく貢献しているのです。

サテライトオフィスという選択肢も

サテライトオフィスという選択肢も

ここまで、働き方改革のためのオフィス改善案をいくつかご紹介いたしましたが、生産性向上のためにできることは本社のオフィス改修の他にも「サテライトオフィスを設置する」といったことがあります。

サテライトオフィスとは、本社を中心として衛星のように存在するオフィスのことを指しますが、支社とは少しニュアンスが異なります。

サテライトオフィスはどちらかと言えば支社よりも規模の小さいマーケットに構えられている拠点や、社員のライフスタイルに合わせて設置されたオフィスのこと。
支社や営業所よりも少ない人員で運営されていることが多いです。

このサテライトオフィスには3つの種類が存在しています。

都市型サテライトオフィス

都市型サテライトオフィスとは、本社とは別に都市部に設置されたオフィスです。
主に営業や新規事業の拠点として本社機能とは別の役割を担った部署のために用意されることが多いオフィスのことを指します。
営業や新規事業部隊に最適な環境であり、それに特化したオフィスであるため、働く社員の集中力や生産性の向上が期待できます。

郊外型サテライトオフィス

郊外型サテライトオフィスとは、あえて郊外にオフィスを設置することによって社員の通勤時間を短縮し、家事・育児・介護などと仕事の両立をさせやすいようにするオフィスです。
社員のワークライフバランスを整えることを目的に設立されることが多いです。
仕事と家庭を両立できない・通勤時間が長くて仕事の前に疲れてしまう……といった社員の悩みを解消するために有用なオフィスと言えます。

地方型サテライトオフィス

地方型サテライトオフィスとは、人口の少ない田舎に設立するサテライトオフィスです。
都会と田舎という対極的な場所にオフィスを構えることによって、社員の多様な働き方を推進したり、災害発生時などのリスクを分散させたりする目的で設置されます。
社員一人ひとりの働き方に合った環境を提供することによって業務効率化にも繋がりますし、大地震などで仮に本社が大きなダメージを負ってしまっても、サテライトオフィスが生きていればドライブ上のデータなどをすぐに本社に共有できます。

何らかの理由でオフィスデザインを変えられない・変えたくない場合でも、サテライトオフィスを設ければ働き方改革対策が万全な優良企業に大きく近づくことができます。

オフィス改善や移転のことはフロンティアコンサルティングへ

オフィス改善や移転のことはフロンティアコンサルティングへ

オフィスの環境を変えること、新たにオフィスを設けることは、働き方改革に繋がります。
もちろん、テレワークやリモートワークも社員の多様な働き方を推進した良い働き方改革のひとつですが、その制度を導入しただけでは不十分かもしれません。
社内にいなければ困る立ち位置の社員もいます。

社員全員の働き方を改革し、生産性をアップさせるためには、その根幹・中心となるオフィスの環境を整えることが一番の近道。

自由に使える部屋(ミーティングルーム)・サイレントワークスペース・リフレッシュスペース・仮眠室の設置など、社員のためにできることは多くあります。

オフィス改善・オフィス移転・新規オフィス設立による働き方改革を目指している企業様は、ぜひフロンティアコンサルティングにご相談ください。

ただおしゃれなだけのオフィスではなく、企業様のニーズをしっかりと掘り起こし、コンセプトを反映したデザインをご提案。
オフィス移転のコンサルティングや仲介、オフィス家具販売も一社で担っています。

家具はこの会社に、デザインはこの会社に、といった、複数社とやり取りをしなければいけないわずらわしさも解消し、企業様の求める理想のオフィスをご提案いたします。

スケジュールやコストの面、その他些細なことでも柔軟に対応いたしますので、まずはお気軽にご相談ください。

Result / このカテゴリの実績紹介

Contact/ お問い合わせはこちらから

Service / サービス一覧

More


ページトップへ