V I E W

働く人

PEOPLE

他部門との連携で一貫性を持たせ、ビル全体の価値向上を担う

BSC事業部 / リーダー

千葉英恵

PROFILE

大学時代に建築に興味を持ち、卒業後は不動産の世界に。その後にインテリア業界での営業を経て2018年に中途採用で入社。ビル資産価値の再構築を目的としてオフィスビルのリニューアルをビルオーナーに提案する営業部門、BSC事業部に配属。2022年よりリーダーとして、プロジェクトのメイン担当を務める。

BSC事業部の業務について教えてください。

オフィスビルのリニューアルを考えられているビルオーナー様に対して、そのビルの資産価値を再構築するために共用部リニューアルやサードプレイスと呼ばれる新たな働く場所の構築を提案し、選定後の契約締結やスケジュールの管理までを担当している部門です。これまではほとんどがリピートや自分たちの営業が案件の入口でしたが、近年は不動産仲介を担当するSOI事業部と連携し、リーシングや市場調査を含めていっしょに進めることで案件の入口を増やしています。案件のお声がけをいただいた後は、設計デザイン部のBSC担当デザイナーと連携しながら提案内容をまとめプレゼンを行います。受注後についても、これまではBSC事業部で現場管理を行っていましたが、現在は施工管理を担当するCM部と連携し現場管理を行ってもらっています。こうして他部門と広く関わることでプロジェクトをより一貫性のあるものにできるのは、同業他社と比較した時のBSC事業部ならではの強みと言えるものです。

BSC事業部ならではのやりがいとはどのようなものですか?

ビル全体のリニューアルというのは、フロア毎のテナントの入れ替わりによって変わるようなものではないので、作ったものが「形として長く残る」ということはやりがいに感じられます。それがファサードの改修も含む大規模な案件だとなおさらですね。事業規模としても大きくなりますし、何より「わたしたちがこのビルの顔を作ったんだ」と思えるんです。さらに言うなら、例えばWPS事業部が行うワークプレイス構築は入居される企業といっしょに進めるものであるのに対して、わたしたちが手がけるビルのリニューアルは特定のテナントを想定できるものではありません。「どんなテナントが入るか分からない」「そもそもちゃんとテナントが入ってくれるのか」という不安があるからこそ、完了後すぐに入居テナントが決まった時などは「ちゃんと価値を高められたんだ」と嬉しく思えます。

転職する際の選択肢として、フロンティアコンサルティングにはどのような魅力を感じましたか?

転職活動時はほかにも何社かお話させてもらったのですが、フロンティアコンサルティングは面接までの流れが一番スピーディーでした。だから良いというわけではないのですが(笑)、そのスピーディーさが会社の勢いとして魅力的に感じられたんです。面接を担当してくれた現在BSC事業部で上司にあたる方、その後にお話した社長からもそうした雰囲気が感じられ、ワクワクしたのを覚えています。前職では不動産会社の営業をしていたのですが、業務内容やポジションが変わらないことに「このままで良いのかな?」とずっとモヤモヤしていました。そんな当時のわたしにとって、その勢いが「この会社で新しい知識を身につけたい」と強く思わせてくれるものだったんです。あとは単純に、面接で訪れた当時のオフィスがとてもカッコよかったのも魅力的に映りましたね。

現在はどんな働き方をしていますか?

週に3日ほど出社して、それ以外は在宅で仕事をしたり、フロンティアコンサルティングで契約しているサテライトオフィスサービスを利用しています。わたしたち営業職は1日に複数の現場を回ることも多いので、その合間で2〜3時間空いた時に最寄りのサテライトオフィスサービスを利用するといった働き方は時間を有効活用でき、とても助かっています。出社時は、フリーアドレス制なので他部門のメンバーとも自然と近い距離で働いています。部門を超えてプロジェクトを進めることが多いので、こうして普段からチームワークが強められることは実案件にも良い影響を与えてくれるものですね。こうしたハイブリッドワークやフリーアドレス制といった働き方を経験することで、自分たちが自由度を持って働けるようになったことはもちろん、お客様への提案の際にもより具体的な話として伝えることができています。

TEAM VOICE

年齢の近い女性同士、部門は違えど刺激し合って

  • BSC事業部 / リーダー

    千葉英恵

  • 設計デザイン部(BSC担当) / チーム長

    翁士淳

お二人は普段からいっしょに働かれているんですか?

千葉

そうですね。わたしは営業として、翁さんはデザイナーとして、それぞれ別の立場からオフィスビルのリニューアルに携わっています。案件開始から提案までの期間は長くて1ヶ月、短いと2週間しかありません。その中で翁さんにはデザインから、ベトナムのチームが担当するパース作成の指示出しまでお願いする場合もあって、本当に頼もしいです。

大変ですけどね(笑)。もちろん営業もそうだと思います。しかも千葉さんはまったく違う業種から転職されてきましたよね?より大変なはずなのに、「もうこんなことができるようになってる!」って。その成長の早さを見ると「わたしも頑張らなくちゃ」って刺激されます。

千葉

最初の頃は、現調(現地調査)で翁さんに迷惑かけてばかりでしたけどね。「ここはこう測れば良いから!」ってたくさん教えてもらって。

そうそう(笑)。でも、千葉さんはそういう時でも笑顔を絶やさないんです。そうした雰囲気や性格って、実は仕事をスムーズに進める上でとても大切なことだと思います。わたし自身、現場でミスをしてしまった時に千葉さんが笑ってフォローしてくれたことで救われたりもしました。笑顔がトレードマークって素晴らしい。

千葉

そう言ってもらえると嬉しいです。わたしも翁さんからは、仕事に対する考え方や、何気ない雑談も含めていつも刺激をもらっています。年齢の近い女性同士でもありますからね。部門は違えど大きな存在です。

CREATING A NEW WORK STAGE.

自身の成長によってお客様に還元できることが増えていく

入社前から抱いている「新しい知識を身につけたい」という気持ちは変わらず大切にしていて、今は施工管理技士の資格を取得できるよう勉強中です。わたし自身が常に成長し続け、より自由で多様化していくこれからの働き方についていくことは、お客様が求めるオフィスビルのリニューアルにも還元されるものだと考えます。また、当社には建設業に関係する資格を取得すると資格手当が支給される制度や、参考書の購入や講座の受講などをサポートしてくれる学習支援制度もあり、成長を促してくれる環境が整っているのもありがたいですね。

OTHER PEOPLE

BACK TO ALL

JOBS

新たな〈ワークステージ〉の創造。その担い手となる人材を募集

働き方が多様化し、多くの企業が旧来的なオフィスのあり方を見つめ直している今、新たな〈ワークステージ〉の創造はこれまで以上に必要なものとなりました。働く人々がより輝く〈環境と機会〉を提供するために。フロンティアコンサルティングでは、その担い手となっていっしょに働いてくれる人材を広く求めています。奮ってご応募ください。