フロンティアコンサルティング採用サイト

MENU 募集要項・
エントリー
TOPTOP

仲間を知る

BC事業部 ビルリノベーション営業

2015年新卒入社
柴田 暁

オフィスビルリノベーションとは、
課題を解決し、建物の価値を高めること。

先輩たちが伸び伸びと働く姿に惹かれた。

就職活動当初、不動産や建築に強い興味はなかったのですが、「空間デザイン」という言葉の格好良さに惹かれてフロンティアコンサルティングと出会いました。最初はそんな単純な理由でしたが、それから会社について調べていくと、仕事内容も興味深く、説明会や採用面接で出会った若い先輩社員たちが伸び伸びと働いている姿に魅力を感じ、自分もここで働きたいと考えるようになりました。入社後は希望していたビルリノベーション営業の事業部に配属され、現在に至るまで同じ事業部で働き続けています。1年目は主に原状回復工事、2年目から3年目にかけて家電量販店の耐震工事に伴う仮設工事、その後はビルの価値を高めるための共用部の改修などを担当してきました。

リノベーションを通じて
ビルの資産価値を向上させる。

ビルリノベーション営業のミッションは、建物の課題を解決し、資産価値を向上させることです。お客様はビルオーナー様、AM会社、PM会社など、ビルを所有又は運営している会社様になります。リノベーションを行うのは、ビルの価値を高めるためにほかなりません。例えば、エントランスを綺麗に改修することで視認性が上がり、ビル全体の価値が高まります。また、古いビルではトイレが男女共同になっていることもありますが、それを男女別に分けるだけでも価値が上がり、テナントが入りやすくなります。以前、大規模なビル改修で予算総額2憶円程度の案件を担当した時には、過去に扱ったことがない金額規模で今までと違った緊張感がありましたが、無事完了を迎えることができ、これまでにない大きな達成感を得ることができました。工事が終わって綺麗に生まれ変わったビルを見るのは、この仕事で一番嬉しい瞬間です。

挑戦できる風土のおかげで、
全社売上1位を達成。

街中を歩いていて、自分の担当したビルを目にすることができるのはビルリノベーションの醍醐味です。改修を行うビルは古いものが多いため、ビフォーアフターがわかりやすいのも魅力のひとつです。また、コワーキングスペースやシェアオフィス 、ラウンジなど、提案できる内容が多様化してきているのも面白い点だと言えます。当社は早い段階から仕事を任せてもらえ、たとえ失敗しても挑戦させてくれる風土があります。私は2019年度に全社売上1位を達成したのですが、先輩たちの指導と、任せてもらえる風土があったからこそだと思います。最近では私のもとにも後輩社員が増えてきたため、まずはマネジメント職をめざし、先輩方を目標にしながらチームを育てていきたいと考えています。



仲間を知る