フロンティアコンサルティング採用サイト

MENU 募集要項・
エントリー
TOPTOP

仲間を知る

CM部 施工管理

2017年新卒入社
藥師寺 杏香

オフィス施工の中心人物として、
ご要望を形にして届けるまでの道筋を描く。

フロンティアコンサルティングを
成長させていく一員に。

建築に特別興味があったわけではない私がフロンティアコンサルティングに出会ったのは、九州で開催された大規模な就活イベントでした。たくさんの会社がひしめく中、フロンティアコンサルティングのブースは一際目を引くお洒落なもので、人事担当者がとても楽しそうに話をしてくれたことが印象に残っています。その後、エントリーして選考を受けていくと、人事担当者から施工管理というポジションを提案され、実際の工事現場も見せてもらえることになりました。施工管理のことはほとんど知りませんでしたが、その時に案内してくれた施工管理の女性社員も楽しそうに自分の仕事を語ってくれ、素敵な職業だなと思いました。何より出会った社員がみな熱意を持っていて、会社を大きく成長させていこう!という強い意思を持っていることが魅力的で、私もその一員になりたいと思いました。

ゴールに辿り着くまでの道のりは自由。

施工管理の仕事は、お客様のご要望が込められたデザインを形にすることが一番の目的です。極端な話、ご要望を形にしてお届けするというゴールにさえ到着すれば、どのような道を選んでもよいのです。一人ひとりの自由度が高く、挑戦も、失敗もできる。だからこそ、施工管理は成長しやすい仕事なのだと思います。実際、私が配属されて2カ月目には、先輩社員のサポートのもと、すでに小さな現場を任せてもらっていました。最初はオフィスの簡単な改修から始め、その後は徐々に難しい工事へとステップアップしていきました。その間はずっと先輩社員がサポートしてくれ、1年目の終わりには初めて自分1人で数百坪の大きな案件を担当しました。関係者が多く、スケジュール調整が難しい案件でしたが、それまで先輩が親身に教えてくれていたおかげで、なんとか1人の力でやりきることができました。大きな達成感を得られた経験でしたね。

自分なりのやり方で、
お客様の「色」を出す。

施工管理はオフィス施工の中心人物にならないといけません。いろいろな人たちが関わる中、スケジュールを調整し、コミュニケーションを取ってひとつにまとめ上げるのは大変ではありますが、この仕事の醍醐味でもあります。また、オフィスは一般的な住宅よりもはるかに高い金額がかかっていることが多く、その分だけ施工の選択肢も増えます。日常生活ではあまり目にすることのない建材や部材を扱えるのも魅力のひとつですね。さまざまな商材の選択肢を検討した結果、お客様の「色」が上手く表現できると嬉しくなります。今後もっと施工管理の社員が増えて、私たちが中心となって動かせる仕事が多くなれば、さらに仕事が面白くなると思います。私自身も役職を持ち後輩の育成に携わっているので、施工管理の仕事の魅力を伝えながら、当社の成長を引っ張っていきたいですね。



仲間を知る