V I E W

MANDA FERMENTATION CO.,LTD.

ワークプレイス構築

プロジェクトマネジメント / 設計・デザイン / 運用支援

WORK PLACE

2018.05

17,200㎡ / 5,212坪

全本社機能をリニューアルし、企業文化を発信するテーマパークとして生まれ変わる

広島県尾道市の因島に拠点を置き、健康食品「万田酵素」の製造・販売で知られる発酵技術企業の万田発酵様。社内の業務環境と同時に、地域や社外から見た本社のあり方を見直すことで発酵文化発信のテーマパークとした巨大プロジェクト「HAKKOパーク」。約6年に渡り、概念計画・基本設計・意匠設計・施工・運用計画・運用支援の全行程に携わっています。

CONCEPT

プロジェクトのスタートにあたり、万田発酵様が提唱されたのは「万田発酵の全てがわかる」、「非日常を体験できる」、「社員が誇りに思える」という3つのスローガンでした。そこで、それらをいつでも、誰でも感じられる場所を作ろうと、敷地全体をひとつの公園、「HAKKOパーク」という概念を設計。パークを構成する施設群は、各スローガンを具現化する「ゲート」、「ガーデン」、「ホール」としました。

PLANING

「HAKKOパーク」を構成する施設群、「ゲート」は企業ブランドのシンボルとなるビジターセンターとして、「ガーデン」は製品の良さと因島の魅力を感じていただく庭園として、「ホール」は一般の方々の工場見学の起点となり紹介映像も上映できるシアターとして提案。そこで働く人たちに、自身や会社が外から見られるという意識を持ってもらうことで、より誇りを持った働き方が生まれると考えました。

DESIGN

パーク内の各施設及び社員食堂いずれの設計においても、それぞれ単体として存在する独立したデザインになることを良しとせず、遠くから見た際に因島の自然豊かな風景に溶け込むことを意識してシンプルに設計しています。見学に来られる方々やそこで働く人たち、誰にでも発酵文化発信のテーマパークというコンセプトが伝わり、かつ分かりやすく魅力を感じてもらえることが重要でした。

建物の形状とマッチした照明効果、空間のエッジとサーフェスを浮き立たせる演出効果に比重を置いたデザインによって2018年度照明普及賞を受賞することができました。

因島の豊かな自然、そのランドスケープとの調和を図った「HAKKOゲート」の3段にずれたアーチ状の屋根はプロジェクトを象徴するデザインとなりました。

施設内は、重厚感のある濃いめの木と、グリーンや白といった爽やかなマテリアルとのバランスを意識しつつ、主張し過ぎないようシンプルにデザインしています。

山と海に挟まれた「HAKKOパーク」の両端、「HAKKOゲート」の屋根は山を、「HAKKOガーデン」のウッドデッキは海を象徴するものとしてデザイン。対の関係として捉えました。

山と海に挟まれた「HAKKOパーク」の両端、「HAKKOゲート」の屋根は山を、「HAKKOガーデン」のウッドデッキは海を象徴するものとしてデザイン。対の関係として捉えました。

山と海に挟まれた「HAKKOパーク」の両端、「HAKKOゲート」の屋根は山を、「HAKKOガーデン」のウッドデッキは海を象徴するものとしてデザイン。対の関係として捉えました。

山と海に挟まれた「HAKKOパーク」の両端、「HAKKOゲート」の屋根は山を、「HAKKOガーデン」のウッドデッキは海を象徴するものとしてデザイン。対の関係として捉えました。

LAUNCH

建築、内装、家具だけでなく、ランドスケープ、ビジネス、ショップ運営、観光など、ソフト・ハード共に多岐にわたる知識が必要となった、当社としても前例のない巨大プロジェクトでした。それでも、現地訪問による定期的なプロジェクトメンバーMTGから、月一回程度の役員MTG、時にはクライアントも含めたプロジェクトメンバーでリサーチのための外部視察なども実施。全員をつなぐコミュニケーションでプロジェクトを成功へと導くことができました。「HAKKOゲート」は2018年度照明普及賞も受賞でき、お客様からもリニューアルによって「社内の意識が変わった」、「周辺地域でも話題になり注目されている」と明るい声をいただけています。

PROJECT FLOW
  • 要件整理

    PJメンバーによるワークショップ、トップへのインタビューを経て概念設計の合意を得た後、本社のリブランディング計画をまとめました。

  • 基本設計

    図面や模型を作成することで概念を具現化し、PJメンバー内で考えをまとめながら、トップの合意を得るまで何度も繰り返しました。外部・内部のデザインをメンバー間やトップにプレゼンし、コンセプトや概念、またお客様のブランディングに沿ったデザインへと反映させていきました。

  • コスト調整

    施工会社の選定に向け入札会を実施。予算に収まるよう金額の精査、VE/CDを繰り返してまとめていきました。

  • 環境構築

    施工スケジュールやクオリティチェックなど、設計者としての立場からお客様が求めるカタチになるまで、ゼネコンや施工協力会社と打ち合わせを実施。 毎週の定例会で工事進捗確認を行い、竣工まで滞りなく導きました。

PROJECT DATA

Client: 万田発酵株式会社
Project: 万田発酵 HAKKOパーク
Business: ワークプレイス構築
Role: プロジェクトマネジメント / 設計・デザイン / 運用支援
Completion Date: 2018.05
Size: 17,200㎡ / 5,212坪
Location: 広島県尾道市
Category: 食料品

CREDIT
プロジェクトマネジメント

株式会社フロンティアコンサルティング

設計・デザイン

株式会社フロンティアコンサルティング

施工

大林組・加納屋建設特定建設工事共同企業体 / 大和建設株式会社

撮影

太田拓実

LATEST WORKS