ブログ/Blog

Blog

ブログ

オフィスデザインホーム >  コンサルティングブログ一覧 > オフィスのレイアウトは天井との戦いだ

Consulting Blog コンサルティングブログ コンサルティングブログ

2010.07.22

オフィスのレイアウトは天井との戦いだ

コンサルティング [モト]

いつもおせわになります。
 WPS事業部に所属してますハシでございます。
 
梅雨もやっと抜けて本格的な夏がやってきてます。
今年は猛暑だと予想しております。
 
さて、夏にむけてこの時期に問合せが多くなってきますのが空調のご相談でございます。
 
事務所には既存で空調機がついております。
 
これはビルグレード、年代等によってシステムが違い、ビル全体で管理している場合もあれば
各テナント、個別空調等様々な場合がございます。
 
私がこの会社に入った時にご指導いただきました先輩からのお言葉でこんなものがあります。
 
 
『オフィスのレイアウトは天井との戦いだ。。』
 
 
実は、我々が移転等でレイアウトを描かせていただく際、一番気をつけることが照明や空調、スプリンクラーなどの
 
天井の施設になります。というのは照明にしても空調にしてもビルの施設を触る際はビルとの調整も
 
必要となり、移設や撤去、増設をした際には原状回復時には全て復旧する必要があるということが
 
理由のひとつになります。特に空調工事となるとビル側との調整も複雑でさらに設置も復旧も
 
他の照明や消防施設にくらべれば格段と高くつくことが多いようです。
 
 
通常できるかぎり天井の施設をいじらず、かつご要望に必要十分の執務環境を作る必要がございます。
 
ただし最初からレイアウトを考慮されて照明施設や空調機がついていることはありませんので
 
やむなく増設、移設等が必要な場合もやはりあります。
 
ただししっかりと計画をすることによってコストは各段とかわってきます。
 
 
ちなみに天井の図面は地道に全ての器具のサイズ、位置をはかります。
ずっと腕を上げて上を見ている体勢は地味につらいです。
 
 
tatakai1.jpg
tatakai2.jpg 
二の腕のシェイプアップにも効果があるかもしれません。

ページトップへ